車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

ホンダ CR-V

ホンダCR-Vの値引き情報!乗り出し価格を少しでも安くする為の方法

投稿日:

ホンダCR-Vの値引きに関する情報です。

人気真っ只中のSUV市場の中ホンダから発売されているCR-Vですが、人気のカテゴリである為値引きは厳しいのではないかと思う方も多いように思います。

今回はこのCR-Vが実際のところどれくらいまで値引きしてもらう事が出来るのかという所と、如何に安く購入するかという部分を中心に内容を記載していきます。

ホンダCR-Vの値引き情報!安く購入する為の基本的な内容をおさらい

まずはCR-Vの値引きがどの程度引き出すことが出来る状況なのかを確認してみましょう。

CR-Vの値引き金額はどれくらいの?限界値引きを知っておこう

長らく国内での販売がなかったCR-Vですが、満を持して発売となりました。

現状の値引きは正直厳しいと言わざる負えません。

CR-Vの平均値引き・・・車両本体価格より7万円+オプション値引き3万円・合計10万円の値引き

CR-Vの限界値引き・・・車両本体価格より10万円+オプション値引き3万円・合計13万円の値引き

発売から間もない車種はとりあえずどうしても購入したい、つまり指名買いの方に向けて販売を進めております。

CR-Vの値引き商談について

次にCR-Vの商談についてポイントを抑えておきたいと思います。

 商談のポイント①CR-Vの競合車

ミドルクラスSUVのCR-Vには多くの競合車があります。

トヨタハリアー、日産エクストレイル、マツダCX-5、スバルフォレスターの5車種に関しては競合車として商談に使えるでしょう。

値引き商談の際に手ぶらで行くよりはこの中から一台を選びCR-Vと競合車を競わせるという形でどちらかの購入を検討しているという流れを組んで行くのが良いでしょう。

また、もしお住いの周辺にホンダディーラーが別の代理店運営で行われているようなお店があればCR-V同士を競合させる事も考えられます。

商談のポイント②購入時期

次に時期的なお話になります。

ご存知の方も多いと思いますが、9月の中間決算の時期と3月の決算の時期は通常よりもメーカーからのインセンティブが多く支払われるケースがあり商談をするには持ってこいの時期となります。

もし車の購入をお急ぎでは無い場合にはこの時期を狙ってみるのも一つの方法となります。

商談初日値引きを引き出す為にやっておきたい事

CR-Vを購入するにあたって初日にやっておきたい事を記載しておきたいと思います。

①まずは試乗をする事をお勧めいたします。

試乗をするのは勿論CR-Vの良し悪しを知るという所もありますが、購入する気がある事を営業マンに分かってもらう必要があります。

購入意欲が無いと思われてしまうと商談にもなりませんのでスタートラインに立つという所になります。

さらに試乗をする事で営業マンの雰囲気も分かり、これから付き合う営業マンとして合う合わないを確認する事もできます。

②下取り価格の確認

試乗をしているあいだに今乗っている車の査定をしておきましょう。

一言お願いすれば試乗が終わった頃にはおおよその金額を教えてくれます。

③カタログ、見積もり

試乗後に少しテーブルについて話しをする時間が出てくると思いますが、この際にカタログと合わせて見積もりをもらいましょう。

オプションはある程度付けてもらいさらに現状値引きがどの程度可能か確認してみてください。

以上が初日にやっておきたい事になります。

2度目以降の商談について

購入時期によって車両本体とオプションから引き出せる値引き金額は多少なりとも変わってきます。

商談に適切な購入時期の9月や3月であれば特に無理な行動をしなくても希望の値引きを引き出せる可能性は非常に高いです。

なので、それ以外の場合について記載致します。

基本的に購入までに時間があるようであれば営業マンからの連絡を待ってみましょう。

あちらから連絡が来た場合はその月の営業マンの成績が思わしく無い状況の可能性があります。

このタイミングであれば多少の値引きをしてでも1台販売したいという気持ちがあると思われますのでかなりチャンスと言えます。

営業マンによってはこういった連絡をしてこない方もおります。

こういった営業マンに当たった場合には別のホンダディーラーへ足を運ぶ事を視野に入れてみてください。

連絡をしてこない営業マンは値引きに関してシビアなケースが多いと個人的に感じます。

ある程度CR-Vの値引きが煮詰まってきた時の駄目押し

何も金額を引くだけが値引きではありません。

欲しいオプションなんかをサービスしてもらったり、コーティングなんかも交渉の枠に入れて実質的な値引きを引き出すという事も一つの方法になります。

ただ、あまりにも高額なオプション品をサービスしてもらうというのは日現実的なので無理の無い範囲で話を持っていきましょう。

無難なオプションを探してみるとこの2点辺りであればサービスしてくれそうなところかと思います。

キーカバー3,240円

USBチャージャー6,480円

これはもう車種はCR-Vに決まっていて購入してもいいかなという契約までもう一息というタイミングで使うのが効果的です。

金額的には少ない内容ではありますが、あれば十分使えるものなので最後の一手として活用して見てください。

CR-V値引きは厳しいが下取り価格は他と変わらない!狙い目は買取との競合

訪問初日にやっておきたい事としてディーラーでの下取り価格の確認をあげましたが、それには理由があります。

一番最初に値引きが厳しい事はお伝えしてありましたが、下取り価格というのはどの車種を購入するにあたってもそこまで変わりはありません。

そこでしっかりと狙っていきたいのがこの下取り価格の交渉です。

正直な所車両本体の値引きよりもこちらの方が最近では重要視されています。

何故なら値引きを30万円引き出すよりも、下取り買取の競合をした方が30万円の差額を出しやすいからです。

基本的に業者での買取価格はディーラーの下取り価格を上回ります。

この業者で出された買取価格をディーラーに提示して同額が可能かどうかを確認するだけです。

もし可能であれば下取りでも買取でも好きな方を選択すれば良いですし、そうでない場合には買取してもらえば良いという事になります。

最近では買取も全ての段取りが簡単になってきており、特に今自分の車の金額がどれくらいなのかを確認するという点ではネットで1分あれば完結します。

ディーラーへ訪問する前にネットで自分の車の価値を確認しておけば下取り価格を提示された際に簡単に差額が分かりますので事前にチェックしておけば準備万端と言えます。

こちらのサイトから買取価格は簡単に確認出来るので先に済ませておきましょう。

ここをやるとやらないとでは最終的な車への負担額がまるで違ってきますので既に知っている方は車の購入の際には必ず行っています。

ご存知でなければ一度試して見てください。





-ホンダ CR-V
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.