車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

マツダ CX-5

CX-5唯一の難点マツダコネクトはALPINビッグXに買い換えれば解決する?7インチから11インチ画面へ

投稿日:

総合的に評価の高いCX-5ですが唯一口コミや評価の中でも不評なのがマツダコネクトです。

画面サイズの事からおかしな所へ連れてかれてしまうなど色々と言われております。

また不具合のあるケースもあるそうでここまで評価が高いのに非常に勿体無いですね。

という事でマツダコネクトを懸念されている方には社外ナビのALPINビッグXという選択肢が出てきました。

今回はこのCX-5のマツダコネクトに関する打開策について見ていきましょう。

マツダコネクトがダメならALPINビッグXにしちゃえばいい

という事で簡単にまとめていきたいと思います。

マツダコネクトの何処がダメなのか?再度確認しておきます

・今時純正7インチは迫力が無さすぎる。せめて10インチワイド辺りにしてもらいたい。

・車の車内でナビの部分は見た目の大きな部分を占めますが目立って際立つ部分も無くインテリアデザインを損なっている。

・USBに入れた音楽の再生すらしっかりと出来ない。

・走っているときに操作を制限されてしまう。助手席に人がいればいじっても良い気がする。

他にもちょこちょこと不評をよく見かけますが一番多いのは7インチディスプレイのサイズの小ささです。

プレミアムブランドを目指している割にいつまで経っても指摘されている部分を治してくれない。

マツコネが今の状態のままである限りマツダ車の購入はない。ここまで言わせてしまう程です。

日本はカーナビに対する執着は割と強いのでナビがダメだと車を買わないという所まで行き着いてしまうんですよね。

ではこんな不評を拭える打開策は?

マツコネではなくCX-5専用BIGXで解決出来る事

マツダコネクトの7インチから大迫力の11インチへ

競合車の中でも特に上がってくる車はトヨタハリアーになります。

ハリアーの場合は発売当初からBICXが販売されており、画面サイズも大きく操作もそこそこしやすい。

テレビもしっかり見れるしナビを使って遠出した際におかしな所へ連れてかれた事もありません。

(3年間使っていた個人的な感想ですが・・・。)

このBIGXがマツダCX-5に搭載出来ると一番言われているナビの画面サイズについて不満を払拭出来ます。

7インチと11インチで4インチの差になりますが、実際に見てみるとかなりの大迫力画面になります。

これまで画面サイズを特に気にしていた方には朗報です。

これで競合のハリアーとの差が一つ埋まってしまうわけです。

デザインが変わる事でインテリアの印象が変わります

こちらがBIGXを装着したイメージ画像になりますがだいぶ大きくなります。

デザインについては好みが人それぞれですが、アウディやメルセデスベンツのナビに少し似ているように思います。

ちなみにこちらがメルセデスのGLCです。

ナビの部分だけ見てみると少し形が似ているように思います。

BIGXは車種専用で作るので加飾パネルも専用に作っており出過ぎず出なすぎずの丁度いいデザインになっております。

操作も問題無し!コマンダースイッチ利用可能

とにかく使いやすいを目指したマツダ純正のコマンダースイッチが使えなくなってしまっては本末転倒ですがそこは大丈夫そうです。

個人的には他の車種で同じような機能を持つものをいじった事がありますがこれは非常に便利です。

CX-5専用BIGXの注目の機能

「ボイスタッチ」・・・声で簡単なナビゲーション操作が出来る機能。

「ダブルゾーンコミュニケーション」・・・カーナビのマイクを利用して後部座席に声を届けることが出来る。

「おでかけコンシェルアプリ」・・・家族向けスポットを提案してくれるアプリをスマートフォンで確認できる。

CX-5専用BIGXの評価や感想

・最初は11インチと聞いて大き過ぎるのではないかと思いましたが実際見てみると違和感はありませんでした。

・7インチでは物足りないと感じていたところにBIGXが発売されて丁度良かったです。11インチは非常に迫力があります。

・純正ナビと比較すると少しお高くなりますが後部座席の子どもにも見えるので遠出の時にはアニメを再生しています。家族には大好評ですね。

やはり画面が大きいというところに特化した評価が多いようです。

アルパインのBIGX一度は見てみたいナビですね。

CX-5を購入する検討に入った際には一緒に検討してみてはいかがでしょうか。





-マツダ CX-5
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.