車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

マツダ デミオ

【デミオ値引き情報】デミオを安く買うための情報とリアルガチな乗り出し価格

投稿日:

カーレンジャー

デミオを安く購入したいのであればやる事は決まっています。

・デミオの値引きを引き出す!

・下取り車を上手く高価格で買い取ってもらう!

・オプション費用を安く済ませる!

・出来るだけ金利をかけない!

この内容を把握して行動する事でデミオは安く購入出来ます。

デミオの値引きはどれくらい?安く購入する為の情報

という事でこちらの記事で得られる情報はこちらになります。

・現在のデミオの値引き金額

・デミオの値引きを最大限に引き出す方法

・デミオの実際の乗り出し価格

・純正オプションと市販で購入出来る商品の差額

・実際の乗り出し価格

・下取り車を最大限に高くする方法

車を購入する際には必ず商談をする事になると思いますが、どの車種であってもポイントとなる所は同じだったりします。

デミオに関しても例に漏れず上記のような所を重視すれば必ず購入のタイミングでの最安価格で購入する事ができます。

 

ではまずはデミオの値引き価格の相場から見ていきましょう。

デミオの値引きはどれくらいまで引き出せる?

カーレンジャー

マツダも車をボランティアで作っている訳じゃないから利益の無い商売はしない訳で。

車に対しての値引き率は基本的に国産車で10%が目処となります。

時期によってはそれ以上ということもあるので可能であれば決算の時期を狙いましょう。

2019年現時点でのデミオの値引き金額の相場は10万円となっております。

また、個人で調査をしてみた所デミオの値引きは15万円が限界と言えそうです。

デミオの車両本体価格はデガソリン車で140万円〜200万円、ディーゼルで180万円〜230万円といったところになります。

ガソリン車であれば値引きとしてはおおよそ10%に近い金額ですが、ディーゼル車は時間の経過によりもう少し値引きをもらえそうな気がします。

全ての情報を踏まえて

デミオ ガソリン車 10万円

デミオ ディーゼル車 11万円以上

この辺りが値引きの目標として適しているのではないかと思います。

ただし昨今のマツダディーラーは割と手強い為、値引きの難易度は割と高めと考えておいて良いでしょう。

デミオの値引きの引き出し方

では次に値引きを引き出すためにやらなければならない事があります。

この辺りを把握して値引きの合格ラインを目指していきます。

カーレンジャー

車の購入は買い替えスパンが長い方が多いのと、金額がどうしても高額になっているのでこの一回の購入に妥協なく商談しよう!

デミオと競合車の比較をして値引きを得る

ありきたりと言ってしまえばそれまでですが、やはり競合車を検討しているか否かでディーラー側の対応も変わるものです。

もうデミオを購入すると決めている方に値引きを抑えているマツダがおいそれと合格ラインまで値引きをしてくれるというのは非常に稀なケースです。

それであればしっかりと検討している事をディーラーにも伝えて商談を進めていく事をお勧めします。

実際に生涯でそこまで多く買い換えることのない車なので本当に競合車を検討するのが非常にリアルな内容になるので試してみてください。

という事で「じゃあデミオの競合車ってなに?」というお話になりますのでこれを見ていきましょう。

車種 価格帯 燃費
マツダ デミオ 139万円〜227万円 17.2km〜30.0km/L
トヨタ アクア 178万円〜253万円 34.4km〜38.0km/L
ホンダ フィット 142万円〜241万円 22.2km〜37.2km/L
日産 ノート 190万円〜267万円 34.0km〜37.2km/L

いずれも国内では名の知れたコンパクトカーになります。

一時期は燃費争いでアクアかフィットかという2台が競合車として注目を集めておりましたが、日産ノートの走りの良さなども好評となりました。

そんな中で唯一ディーゼル設定のあるデミオがユーザー受けも良く現状ではこの4台を比較する方が多くおります。

それぞれ一長一短でどの車種を競合車として持って行っても問題は無いでしょう。

カーレンジャー

燃費比較であればトヨタのアクア、価格の比較であればフィット、走行性能の比較であればノートと言った所ですね。

競合車としてはどれも良いですが、無難な線で比較するのであれば価格面で近いフィットなどは良いかも知れませんねぇ。

マツダディーラーは近くにいくつある?デミオ同士を競合させる事も!

もうどうしてもデミオ以外考えられないという方にはマツダディーラー同士で競わせるという方法もあります。

販社の考え方に違いがあれば値引き金額にも多少差が出てきますのでそれを狙って少しずつ交渉してゆくのも一つの方法になります。

一番良いのは他社とマツダディーラー2社の合計3社で競わせるというのが良いでしょう。

デミオ値引きの商談ポイント

競合車をディーラー営業マンに伝えるという事を踏まえた上で更に商談のポイントを見ていきましょう。

・試乗は必ずする

試乗する理由は色々とあります。

冷やかしと思われないためや実際に購入後に後悔しないためなどという他に営業マンの人間性を確認出来るという事があります。

車は購入してからがスタートになるので、長く付き合う営業マンの方の雰囲気や自分との相性などを確認しておくことはとても重要になります。

また、話の節々から値引きを引き出せる相手なのかどうかという事をチェックする事も出来るのでは無いかと思います。

・2度目の訪問は連絡待ちという方法が有効

営業マンも毎月数字に追われております。

どうしても数字が欲しいタイミングでは見込み客への連絡をする事も少なくはありません。

この連絡を貰って訪問するというのは非常に有効で、この時に希望価格を伝え優位に商談をする事が出来れば商談自体が非常に簡単に済みます。

因みに、この連絡を貰えるかどうかは初回訪問時の試乗がポイントとなってきますので上手にやりましょう。

・商談が3度を超える場合

商談が長引いてしまうとなかなか先に進まなくなります。

商談が3回目を超える場合にはこちらから「〜円値引きしてもらえたら購入する」という事を伝えて見てください。

その時の雰囲気によってディーラーを変更する事や、新古車の検討をしてみても良いかもしれません。

カーレンジャー

高額な車を購入するにあたって客でありながら営業マンとの関係はあくまでフレンドリーというところがベストじゃないかなぁと思います。

変に上下関係のようにしてしまうと営業マンが自分の顧客として手元に置きたくないと考えら、値引きも渋くなってしまいますよね。

もっとデミオを安く買おう!オプション編

次に注目したいのは車両本体以外の部分です。

例えばこの純正フロアマットは18,648円になりますが

こちらのフロアマットであれば7,430円で購入できます。

また、純正のアルミホイールは

92,056円〜となっておりますが

タイヤセットで3万円台から購入出来ます。

この辺りはデザインの好みさえ合えば大きなコストダウンになりますよね。

カーレンジャー

これは車で必ず必要な一部の商品になりますが、それ以外の物も基本的には純正よりも一般に販売されている物も安価に購入出来るケースが多いですね。

忘れてはいけない下取り車のお話

デミオへの乗り換えという方は既に乗っている車を下取りに出す必要があります。

実はこの部分がデミオを購入するにあたって一番重要と言ってて良い所となります。

ディーラーでの買取というのは基本的に買取よりも安くなってしまいます。

ここでどれ程金額差があるのかを確認し商談していく事になります。

価格差がそれ程大きくない場合もしかすると金額をあわせてもらえる可能性がありますが、あまりにも金額差が大きい場合には買取店で引き取ってもらう事を進められる場合が殆どです。

それ程ディーラーとしては下取りに拘りがないという事ですね。

一先ず買取店側の金額がどれくらいなのかに関してはネットで簡単に確認することができるので見ておいて損はしません。

こちらで簡単に確認出来るので見てみましょう。

スポンサーリンク

-マツダ デミオ
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.