車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

三菱 エクリプスクロス

三菱エクリプスクロスの基本スペック情報!価格や燃費、評価の高い外観もチェック

更新日:

三菱自動車からコンパクトSUVのエクリプスクロスが発売されました。

やはり昨今ではSUVの人気が衰えるところを知らず、その人気ぶりに応えるべく各メーカーではSUVの開発に力を注いでいます。

三菱も再建を図るにはどうしてもSUVの開発に取り組む必要があり、その結果発売されたのがエクリプスクロスであると言っても過言ではないでしょう。

既にネット状で公開されたエクステリアを見た方々から外観を高評価する声が沢山上がってきており、基本スペックを知りたいという声も上がってきています。

今回はこのエクリプスクロスの基本的なスペックに関する情報をまとめていきたいと思います。

カーレンジャー

確かに外観はいいかもね。

でも内容が伴わないと敢えてエクリプスクロスにする理由はなくなっちゃうかもな。

小悪魔センパイ

まぁその辺りも含めてここで確認してみよ!

三菱エクリプスクロスの基本スペック/価格/燃費/評価などの情報をチェック

まずは基本情報を確認してみましょう。

エクリプスクロスの基本情報

エクリプスクロスのサイズ

全長 4405mm

全幅 1805mm

全高 1685mm

ホイールベース 2670mm

エクリプスクロスの排気量

1498CC

最高出力 110kw/5500rpm

最大トルク 240N・m/2000・3500

エクリプスクロスの燃費(JC08モード)

2WD・・・15.0km/L

4WD・・・14.0km/L

サイズはヴェゼルとCX-5の間くらいの大きさで、市場では丁度無いところを出してきたというイメージです。

国内の道路を走行するには非常に扱いやすいサイズであり、空間も上手に作られているようなので大人4人を乗せて走るにも十分なサイズが確保されています。

燃費はSUVとしては一般的な数値になっています。

走りのところを数値的に見てみると1.5Lエンジンとしてはこれもまた割と良い値になっているので期待出来そうに思います。

次には基本スペックの中からグレードごとの価格を見ていきます。

エクリプスクロスの価格はベースが2,532,600万円〜グレード毎の詳細は?

サイズ的にはトヨタのC-HRやマツダCX-3なんかよりは若干大きめ。

価格はこの2車種に近い価格設定になっており、個人的には割と抑えてきたという印象です。

それぞれのグレードの価格は下記になります。

エクリプスクロスの価格は?

グレード「M」

2WD・・・2,532,600円

4WD・・・2,748,600円

グレード「G」

2WD・・・27,064,80円

4WD・・・2,922,480円

グレード「G Plus Package」

2WD・・・2,879,280円

4WD・・・3,095,280円

価格帯は250万円〜310万円というところです。

GとG PlusPackageの価格差があまりないので、悩んでいる方は最上位グレードが最も後悔のない選択になるのではないかと思います。

個人的にはコンパクトSUVとは言えサイズもそこそこあることを考えると割安感があるように思いますが、その中身はどうなっているのでしょうか。

エクリプスクロスのグレードの詳細

グレード「M」

ヘッドライト・・・ハロゲンヘッドライト

タイヤ・・・16インチアルミホイール・タイヤ

フロントグリル・・・シルバー

サイドガーニッシュ・・・ブラック

シート・・・ファブリック(本革オプション設定不可)

グレード「M」は最低限の装備といったところで後付けオプションで付けられないものが多いというのが特徴になります。

本革やレーダークルーズコントロールなど高級高性能な仕様にする事ができませんので事前に注意が必要です。

グレード「G」

ヘッドライト・・・LEDヘッドライト

タイア・・・18インチアルミホイール・タイヤ

フロントグリル・・・シルバー+メッキ

サイドガーニッシュ・・・シルバー

シート・・・ファブリック(本革シート設定可能)

後方車両検知警報システムをオプションで追加可能

Gグレードの特徴としてはMグレードでは付けられなかったオプションもGグレードには付ける事が出来る仕様になっています。

もちろん全部付けるなら最上位グレードであるG PlusPackageにした方が良いのですが、全て必要ではないという時には検討する余地はありそうです。

グレード「G PlusPackage」

ヘッドライト・・・LEDヘッドライト

タイア・・・18インチアルミホイール・タイヤ

フロントグリル・・・シルバー+メッキ

サイドガーニッシュ・・・シルバー

シート・・・ファブリック(本革シート設定可能)

ここまではGグレードと同じですので「G PlusPackage」のみ装備されているものを見てみましょう。

・スマートフォン連携ディスプレイオーディオ+タッチバッドコントローラー

・LEDターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(カラード)

・6スピーカー

・後方車両検知警報システム

一番大きな要因はスマートフォン連携ディスプレイオーディオとタッチパッドコントローラーが付いているというところですね。

Gグレードとの比較であれば価格差も然程大きくないことからこのグレードを選択される方も多いかと思います。

エクリプスクロスはとにかく外観がいい!内装もきになる!

色々と細かい部分も見てきましたが、今回発売されたエクリプスクロスはとにかく外観に定評があります。

カーレンジャー

確かに見た目はいいぞ!

いきなり受注がたっぷり入ってきているという噂もあるし。

今回かなりいい線いくんじゃ無いかな?

小悪魔センパイ

価格も手が出しやすい設定だからね。

メーカーを特に拘らない、見た目重視!という方には打ってつけの一台だねー。

メインカラーとして出されているレッドダイヤモンドは割と明るめの赤になっており目立つ事間違いなし。

その他のカラーも元々の外観が良いことからいい感じのエクステリアになっています。

フェイス部分に関してもやらな過ぎずやり過ぎずという顔つきで今風の鋭いシティSUVといった感じを漂わせています。

さらに内装についてはディスプレイが最近流行りの薄型で中央上の部分についているデザインになります。

国内ではマツダ車はいち早くこのスタイルになっておりますが、ドイツ車でアウディやメルセデスベンツ、BMWも最近のナビシステムはこういったパターンが一般的になっています。

割とトヨタや日産は未だにはめ込み式な感じなのを考えると内装も先進的なデザインで非常にいい感じです。

全体的に見た目に関しては国内SUVの中では上位にくるかっこよさで個人的には少し驚いております。

このエクリプスクロスが三菱の巻き返しの始動となるのか非常に楽しみです。





-三菱 エクリプスクロス
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.