車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

ホンダ フリード

フリードハイブリッドの値引きに関する知っておきたい情報!限界まで安くする完璧な方法

更新日:

フリードハイブリッドを購入すると決めた際に最初に気になるのがどの位の予算が必要なのかという所になるのではないでしょうか?

今回はフリードハイブリッドの値引きをしてもらい、更に安く購入する為の方法を駆使して最終的にどれくらいの金額で購入出来るのかというところを確認していきたいと思います。

何よりもフリードハイブリッドを購入するにあたって後悔の無い購入金額まで持って行くことを目標とした内容となります。

フリードハイブリッドの値引き金額はどれ位?乗り出し価格で後悔しない商談の方法

まずはフリードハイブリッドがどれくらいの値引き額が相場なのかを事前にチェックしておきましょう。

これを知らずに商談を進めて行くと最終的に損をする可能性もありますのでしっかりとチェックしておきたいですね。

フリードハイブリッドの値引き額「値引き相場/限界値引き」情報

個人的にネット上から集めたフリードハイブリッドの値引き金額を確認してみると

2018年12月時点

フリードハイブリッドの値引き相場・・・18万円

フリードハイブリッドの限界値引き・・・23万円

現在フリードハイブリッドの値引き金額は車両本体価格の10%の満たない状況となっております。

現状商談をある程度しっかりこなす事が出来れば23万円までは値引きを引き出せる事が分かったのでこれに向けて商談をしていきましょう。

フリードハイブリッドの値引き商談のポイントや知っておきたい情報Q&A

フリードハイブリッドの値引きと購入の時期の関係「購入時期は選んだ方がいい?」

値引き金額と購入時期で関係性があるのかという点につきまして結論から言うとあります。

その一つ目として分かりやすいのが、モデルチェンジ等の発売日に購入するのとモデルチェンジ直前に購入するのとでは大きな差があるのはお分かり頂けるところなのではないでしょうか。

これは極端な例ではありますが確実に値引きの金額は違うという事は断言出来るお話になります。

更に二つ目は商戦期の特に決算前に関しては値引きが緩む傾向にあります。

これに関しては各メーカーやディーラーの都合の部分が大きいのでどこでも同じ条件ではないということは事前に把握しておきたい所です。

この件で一番有効なのは決算月の残り一台で目標達成になるという時にたまたま訪問した場合などは幸運と言えます。

更にこのタイミングで購入するのにはメリットがあり、買換えのサイクルのタイミングが車検の時期となると毎回決算月での商談になりますので非常に値引きが引き出し安くなります。

これだけでも恐らくネット上で言われる値引きの限界の金額を割と簡単に引き出す事が出来るでしょう。

なのでとりあえずこの3月というタイミングを待てるのであれば商談開始を2月後半頃から始められると有利になると思います。

という事でこの質問に関しては「フリードの値引きを引き出す為に可能であれば購入する時期は選んだ方が良い」となります。

*この時期にモデルのマイナーチェンジやフルモデルチェンジが重なった場合にはこの限りではありません。

フリードハイブリッドの値引きには競合車は必要なのか?

商談を始める際に営業マンがどんな車を探しているかという質問を投げかけてきます。

この質問に対して「フリードハイブリッドを購入しようと思っている」という答えはあまり良くないと言えます。

どちらかというと「ファイリーカーを探している」の方が良いでしょう。

後者の場合にはフリードに限定されず営業マンとしてはもしかすると検討車種の一台として見に来ているのかもしれないと思わせる事が出来ますが、前者の場合はある程度車種を絞って来ていると思われる可能性があります。

フリードを購入する事が既に決まっている顧客には無理をした値引きを必要とが考えませんが、競合車がある場合には他社に取られる位なら多少値引きしてでもフリードを買ってもらいたいと考える可能性が出て来ます。

なので「フリードハイブリッドの値引きの為に競合車はあった方が良い」というのがこの答えとなります。

ちなみに、この競合車に関しては他社でなくてはならない訳ではなく同じホンダ同士で違う代理店で運営しているディーラーのフリードを競合とする方法もあります。

フリードハイブリッドは購入方法で値引き金額が変わってくる?

フリードの購入時支払い方法によって値引きが変わってくるのかを確認しておきましょう。

・現金払い・・・一括キャッシュでの支払いに関しては端数切り程度はあるかもしれませんが現金払いという理由でそれ以上の値引きは見込めません。

・銀行のカーローン・・・よく使われる方法の一つとして銀行のカーローンがありますが、こちらも値引きには左右しません。

・ディーラー提携のローン・・・こちらはディーラーに手数料が入る事から値引きの可能性が多少あります。

・残価設定クレジット・・・最近よく聞くいわゆる残クレですが、こちらは色々と調べてみるとディーラー次第のようです。まるで値引きをしない所から一般的な値引きよりも多く引いてくれるという所までありますので初回訪問時に確認してみましょう。

という事で「フリードハイブリッドを購入するにあたって購入方法次第で多少値引き金額が変わってくる」と言えます。

フリードハイブリッドの実際の商談に関するチェックポイントを抑えておこう

フリードハイブリッドの値引き商談で訪問初日にやっておきたい事

・フリードハイブリッドに試乗する

兎にも角にもディーラーへ訪問した際には車に乗りましょう。

営業マンに冷やかしだと思われない為という部分もあり、本当にフリードが欲しいか確認する為でもあります。

初回訪問時には必ずフリードハイブリッドに試乗しましょう。

・車を買い替えという場合には下取り確認

試乗している間に今乗っている車がある場合には下取り価格を出してもらいましょう。

この金額も実際にはフリードハイブリッドの購入価格から差し引かれる部分になるので非常に大事な所になります。

・軽い打ち合わせ

試乗が終わった後に軽い打ち合わせをします。

この時に営業マンから見積もりを貰えると思いますが、現時点での値引き金額を確認しておきます。

このタイミングで既に目標の限界値引きの金額が提示された場合には契約というパターンもありですが、そうでもない場合には次回に持ち越しになるかと思います。

この場合には今日はとりあえず引き返しますという事で帰宅して良いでしょう。

2回目以降の商談の流れでフリードハイブリッドの限界値引きを引き出しやすいパターン

初回訪問時で希望の値引きを引き出せるケースはそこまで多くありませんので2回目以降でどんな形で話を持っていければ良いのか見ていきましょう。

一番良いパターンとしては営業マンから連絡をもらい訪問するというケースになります。

この場合には営業マンも一台をどうしても販売したいと考えており、購入してくれそうな顧客に連絡をしているという状況に可能性があります。

こうなった場合に関しては快く訪問し商談を進めてゆき、この位の値引きをしてもらえれば契約しますというようなストレートな事を伝えてみても良いかもしれません。

これ以外のパターンとしては競合車を出し、どちらかを購入するという話をした上で希望の値引き金額を伝えるという方法になります。

この競合車が同じフリード同士でも問題ありませんので試してみてください。

フリードを安く購入する為に重要な車の手放し方

さて商談に関してはある程度把握していただけたのではないかと思います。

訪問するタイミングや営業マンのスタイルによって状況は違うかもしれませんが大抵はこんな感じで進めてくような感じになります。

では更にフリードハイブリッドを安く購入する為の現在乗っている車の上手な手放し方を確認しておきましょう。

訪問初日に下取り価格を確認してもらうという項目がありましたが、この下取り価格というのが少し曲者です。

基本的に下取り価格というのは余程の事がない限り買取業車の提示する価格よりも低くなります。

(私のケースでは百発百中で買取業車の価格がかなり大きかったです。)

この価格差というのが数万円程度であればもしかすると目をつぶれるかもしれませんが、数十万円の差額だったらどうでしょうか?

ましてや値引き金額より大きな差があった場合は?

という事でディーラーへの初回訪問の前に自分の車がどの程度の買取金額を出してもらえるのか事前に確認しておくと話がスムーズに進みます。

買取価格の確認は非常に簡単でネットで車種や走行距離を入力するのみ。

これで大体の相場が分かります。

これが分かっていれば下取り価格がどんな金額を提示してきているのかも分かるので初回訪問のタイミングでその辺りの確認をすることも出来ます。

私も毎回使っているこちらのサイトであれば1分もしない内に確認出来るので非常に便利です。

是非確認してから訪問してみてください。





-ホンダ フリード
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.