車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

トヨタ ハリアー

トヨタハリアーに乗って三年が経過!購入から売却までを振り返るとやはりいい車だった

更新日:

ハリアーを購入して早いもので3年が経過しました。

個人的には色々な思い入れのある車なので売却のタイミングでこの記事を書いておこうと思います。

そもそも何故ハリアーを売却するかと言うとリセールの高い車なので高く売れる内に次の新しい車に買い換えるというのも一つの方法かなと考えたからです。

最初はどれ位の価格で売れるのかを確認して、その金額を聞いて重い腰をあげたという流れでした。

くれぐれもハリアーを購入して後悔したから売却に至ったという訳ではありませんのでご承知おきください。

ハリアー購入から売却までの経緯を全てまとめておくことにした!未だにいい車だと思う

2013年モデルのハリアーは現在も人気が非常に高く、外観や内装は一般人の私からすると憧れの一台でした。

昔から「いつかハリアーを購入したい」と思っていましたが、価格もそれなりで一般のサラリーマンがおいそれと購入するのは難しいのでは無いかと考えていたわけですが・・・。

買わないにしてもとりあえずディーラーへ行って実車を見てみるくらいならいいだろうと考えアポなしで行ってみる事に。

ハリアーの商談から購入までの経緯!価格にビビりながらも意を決したあの日から買取をしてもらうまで

なかなか気持ちいい春のある日、気が向いてディーラーへ行ってみると誰も他にお客さんが居ない店内から一人の営業マンが出迎えてくれました。

パッとみ自分とそこまで変わらない年齢であろう事を想像しながら話かけて見た。

カーレンジャー

どうも。

車見せてもらいたいんですが・・・。

オーナーさん

ありがとうございます。

車種はお決まりですか?

まぁまぁよくあるパターンですよね。

この時点でハリアーを購入するつもりはありませんでしたが、買えるなら買いたい!という気持ちはありました。

つまりハリアーを買うか買わないかは正直価格次第!

とりあえず初日はこの一般的な流れで始まり試乗をさせてもらうことに。

ナンバーを隠すために可笑しな写真になってしまいましたがご勘弁下さい。

既にモデルチェンジをしているハリアーではありますが、基本的な部分は同じのガソリン車に試乗しました。

いや、当時乗っていたミニバンと比較すると走りも中身もクラスは上。

欲しい気持ちが加速したような状況になりました。

とは言え支払いが出来なければ買うことは出来ないわけで商談をさせてもらう事にしました。

ハリアーの商談初日は試乗、見積もり!値引きはどこまでいけたのか?

初めてハリアーを運転した余韻のある状態のまま商談に入りました。

(因みに、試乗中に当時乗っていた車の査定もしてもらいました。)

オーナーさん

ハリアーどうでしたか?

カーレンジャー

いやいやどうもこうも最高でした。

オーナーさん

とりあえず興味を持って頂けて良かったです。

少しお時間頂ければお話をさせて下さい。

カタログを持ってきてもらい説明を聞くとなんとなくグレード毎の特徴が分かってきました。

ここで欲しいグレードが上から2番目の「PREMIUM」であることが判明しました。

注目したのは「パワーバックドア」。

ボタン一つで後ろのドアが開くなんてなんて素晴らしい機能でしょうか。

このパワーバックドアの付いているグレードがこのPREMIUMからしか付いていなかった訳です。

どうせ買うなら自分の気に入ったグレードが良いのでこPREMIUMで見積もりを貰う事に。

見積もりを出してもらうと少しオプションを入れて価格はおおよそ350万円程でした。

うん、一般の子持ちサラリーマンが購入するには少し良い金額です。

因みに値引きは10万円程度、車の下取り価格は30万円とのこと。

とりあえず検討するというお話をさせて頂き、自宅へ帰る事に。

初日の感想としてはガソリン2WDのハリアーだと少し厳しい金額であるという印象。

ただ、ネット上で調べてまだ値引きを引き出せるような気がしておりました。

という事で次回は「もう少しハリアーの値引きを引き出す事」が課題になりました。

ハリアー二度目以降の商談で値引きを30万円まで引き出す!

とりあえず目標は値引き30万円、初日に提示された値引き金額よりも20万円引き出すというところです。

色々と調べた結果いくつか方法があるようです。

1競合車を検討しぶつける

2営業マンと上手く付き合い顧客にしたいと思わせる

3購入時期を見送り決算期まで見送る

などなど。

色々な方法があるようですが、実は当時乗っていた車もだいぶガタがきており3月の決算待ちは厳しく同時に競合車を検討している暇はありませんでした。

ということで2を実行することに。

もともと職業柄営業マンの気持ちは分からない訳ではありませんので特に難しいことはありませんでした。

お客様と言うよりはだいぶフレンドリーに接して話の内容も雑談多めと言う感じで付き合い方はそれなりな感じにしました。

そのせいか値引きをお願いする感じもだいぶやりやすくなり、結局値引き金額は三度目の商談で希望の金額である30万円を引き出すことに成功。

割と上手くいったのではないかと思います。

 ハリアー購入時に初めて買取という選択を考える

インターネットの普及で情報は非常に多くなっておりますので、もちろんハリアーの値引き金額に関しては情報を元に目指したものになります。

さらに、ハリアーを安く購入するにはどうしたらいいのかを探っていくと下取りと買取について色々な情報があることに気がつきました。

その内容とは基本的に下取りよりも買い取りの方が金額が大きいという事。

これまで車の購入時には何の疑いもなく乗っていた車はディーラーで下取りが当たり前でした。

どちらにしても事実を知るため比較して見ることに。

初回訪問時、試乗をさせてもらっている間に下取り価格を出してもらいました。

当初乗っていた車はだいぶ走行距離も長くなっておりボディもだいぶ劣化、喫煙していた車なので車内も環境が悪いという最悪のコンディションのもの。

これがトヨペットで30万円で引き取ってくれるというので当初喜んでいたところですが、実際に買い取り相場を確認したところ50万円になるということでした。

買取価格と下取り価格の差額は20万円!

車一台の購入で値引きが30万円、それに加え下取り価格よりも20万円高い買取価格。

もともとの値引き前の価格を考えると50万円もの違いが出てくる。

この差額は国産車を購入するのに十分に大きな金額ではないでしょうか。

この買取価格を知ってからすぐにディーラーの営業担当へ連絡。

カーレンジャー

下取り価格ってもう少し何とかなりますか?

オーナーさん

いや、うちだと限界ですねー。

カーレンジャー

実は買取価格が下取りしてもらうより少し金額が高かったんですよー。

オーナーさん

確かにディーラーで下取りをしていただくよりも買取してもらった方が金額の高いケースが多いですね。

こちらは無理に下取りしなければならないということはないので良い方を選んで頂きたいですね〜。

こんな訳で下取り価格のアップは見込めないと踏んで買取をお願いすることにしました。

情報を見ているとディーラーによっては買取価格に合わせてくれるという内容もありましたが、今回はそれには至らずというところです。

買取自体はそこまで面倒な事もなく、納車のタイミングに合わせて車を引き取りに来てくれました。

個人的には話す相手が増えたものの割とあっさりと買取をしてもらい車も問題なく納車してもらえたので非常に楽でした。

こうして高いハードルと感じていた名車ハリアーを一般ピープル、一般的なサラリーマンが購入する事が出来た訳です。

ハリアー納車後は最高のハリアーライフ!

なにはともあれハリアー納車後は本当に毎日が楽しかった。

納車後最初にやったことはガラスコーティングです。

前の車は自分でワックスを失敗、以後メンテナンス方法が分からず汚い車に乗り続けたという経緯のある私はとにかく綺麗を維持する為にガラスコーティングを施工しました。

夏場は虫が付いて厄介なフロント周りも水洗い洗車で綺麗になるという優れもの。

これから車を購入したら必ずガラスコーティングをしようと心に決めました。

また、何処に行くにもハリアーであれば気持ちがよくゴルフなどでへ行っても同伴プレイヤーに羨ましがられたりしました。

納車からおおよそ3年目になりますが、ハリアーは本当にいい車でした。

ハリアーとお別れの時!色々考えた結果次の車は・・・

国産車の中で唯一欲しいと思えた車がハリアーでしたが、ここで一つ問題がありました。

ダウンサイジングされた2000CCのCVTエンジンです。

基本的に国内の道路を走るのに何ら問題は無いのですが、問題が無いとはいえ唸る音、頑張ってエンジンを回しているという感じがどうしても気になっていました。

3年目、ここで車検を通すか新しい車に乗り換えるかの検討を始めた訳です。

まず乗り換えるのであれば2500CCハイブリッドのハリアー、もしくは外車の2択。

マツダCX ~5やアテンザワゴン、トヨタヴェルファイア、日産フーガなど様々なジャンルを検討してみましたがどうしても国産車でハリアーを超える車種は見当たらず。

車を買い替えたいと考えたのがエンジンの部分から始まっているのでマイナーチェンジしたハリアーでもガソリン車は無意味。

また、以前レクサスNX200tに乗った際にはハリアーとの差があまり感じられなかった為、ハリアーターボも後々後悔がありそうなので検討から除外しました。

(NXの試乗は公道のみでしたが・・・。)

ハリアーハイブリッドを試乗してみると、内容としてはまぁまぁというところでガソリンエンジンには無いものは感じられました。

しかし希望の内容で見積もりをしてもらった結果490万円の乗り出し価格。

値引きも10万円しか出来ないと言われその金額も動かせそうにありませんでした。

そんな時にBMWのディーラーに勤めている知人から連絡が入りました。

私のこの状況を知ってか知らずか車を見に来てもらいたいとの事。

彼はディーラーに中途で入り一台でも多く車を売りたいという時期で、片っぱしから連絡をとっていると素直に打ち明けてくれました。

私のような一般人がBMWか?無理でしょ?あまり好きなブランドでも無いし・・・最初はそう思っていましたがーーー。

後日彼の誘いを断る理由も特に無く、恐る恐るディーラーに足を踏み入れました。

これまでのトヨタディーラーとは勿論違う雰囲気があり、高級車を扱っている空間でした。

私が事前に「乗るならSUVのX1」だと伝えてあったので彼が試乗出来るよう準備をしておいてくれていました。

(もちろんそれ以上の車だとお支払いは到底不可能なので・・・。)

早速試乗。

外車慣れしていな私は勿論出だしでウィンカーとワイパーを間違え右折では無く天気の良い雨の降っていないガラスを無駄に掃除させてしまった訳です。

BMW「X1 180d」試乗した車はコレだったのですが、正直驚きました。

国産車とは言え今まで乗っていたハリアーという車は本当に良い車だったのですが、エンジンの性能?造り方?セッテイング?

何が違うとここまで走りが違ってしまうのかという程の大きな違い。

車として走る楽しさが十分に引き出されている。

これがセダンやツーリングだとしたらまだしも、同じSUVというジャンルでこんなに差がある事に驚きを隠せませんでした。

これまでBMWと言えばお金持ちがブランド名だけで乗っている車だとばかり思っておりましたが、この一回の試乗で完全に考え方が変わりました。

BMWはドライバーが一番楽しめる車!

そう言わずにはいられません。

ただ、だからと言って購入できるかどうかは別の話。

一発目の見積もりはハリアーハイブリッドを上回る530万円の乗り出し価格。

しかもTVチューナーが別、エンジンスターターは付けられないという始末で冬の朝は少し早く起きてエンジンを掛けに行かなければならない事は確定です。

この日友人である彼から持ちかけられた値引きはここから40万円の値引き。

丁度ハリアーハイブリッドと同じ価格が提示されました。

ただ、外車に乗るという事とハリアーハイブリッドを買うという事は自分の中では同じ価格ではあってもまるでイコールでは無かった訳です。

そんな胸の内を彼に話しをしてみると3年間はメンテナンスフリーである事や、今の外車の状況などを話してくれました。

一旦持ち帰り自分でもネットで外車の状況を確認してみると、確かに故障は減っているという事が記載されています。

ただ、5年乗るのであればその後は国産車よりも費用が増すとのこと。

ディーゼル車は燃費の面ではだいぶ楽になるのでその辺りは心配なし。

排気量も1500CCという事で税金も安くなりそう。

うーん、非常に迷う。

ハリアーの購入の際に結局一番役にたった買取価格を知る方法

少し話は戻りますが、ハリアーを購入する際に色々な情報を見てきて色々と実践して見ました。

値引きの商談なども多少は参考になったのですが、結局最終的に車の価格に一番影響を及ぼしたのが買い取り価格だった訳です。

むしろ買取価格がここまで大きくならなければハリアーを購入出来ていたかはわからないという状況でもありました。

今考えて見るとディーラーへ訪問する前に買い取り価格が分かっていたらもしかすると値引きの商談と平行してもう少し話を詰めることができたのかもしれません。

その辺りを加味すると、自分の車がどれくらいの価格で売ることが出来るのかという事は出来る限り早い段階で知っておいた方が良いということです。

買取の相場はネットで簡単に確認出来る時代なので興味のある方は見てみてください。

知っておいて損する事はないかと思います。

 

次回に続く。ハリアーの下取りと買取を比較!乗り換え先はBMWのX1「180d」購入から納車まで

2019年発売予定のフルモデルチェンジ・マイナーチェンジの車一覧はこちら!

スポンサーリンク

-トヨタ ハリアー
-,

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.