車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

スズキ イグニスハイブリッド

イグニスハイブリッドのグレードによる違いは?全3グレードでどのグレードがオススメなのかという結論

投稿日:

スズキから発売されているコンパクトなイグニスハイブリッドのグレードに関する情報をお伝えしていきたいと思います。

イグニスのグレードは全部で3種類あります。

今回はイグニスハイブリッドの3種類のグレードの内容と違い、結局どのグレードを選んだら良いのかというところを確認していきたいと思います。

イグニスハイブリッドグレードの違いはどこなのか?そしてどのグレードを選んだら良いのか

イグニスハイブリッドのグレードはA全部で3つ用意されています。

まずはこの3つのグレードの価格を比較してみましょう。

イグニスハイブリッドのグレード別の価格をチェック

イグニスハイブリッドMG イグニスハイブリッドMX イグニスハイブリッドMZ
1,738,800円〜 1,598,400円〜 1,382,400円〜
+セーフティパッケージ
1,479,600円〜
+全方位ミニター +全方位モニター +セーフティパッケージ 全方位モニター
1,805,760円〜 1,665,360円〜 1,548,720円〜

ベースグレードが「MZ」でパッケージオプションが「セーフティパッケージ」、「セーフティパッケージと全方位モニター用カメラパッケージ」の2種類があります。

中間グレードのMXと最上位グレードはパッケージオプションが「全方位モニター」となっております。

パッケージオプションの内容はそれぞれ簡単いお伝えすると以下の内容になります。

セーフティパッケージとは?

・デュアルカメラブレーキサポート・・・歩行者の検知

・誤発進抑制機能・・・10km以下の徐行中前方4m以内の障害物を認識

・車線逸脱警報機能・・・中央の車線を逸脱した時にブザー音でお知らせする

・ふらつき警報機能・・・ふらつきと判断した時にブザー音でお知らせする

・先行者発進お知らせ機能・・・前の車が発進して4km以上離れた時にブザー音でお知らせする

全方位ミニター用カメラパッケージとは?

・車の前後左右にカメラを設置、真上から見下ろした映像がモニターに映し出される。

この映像はモニターに映し出されナビ操作により視点の切り替えも可能となっています。

ベースグレードのMZについては最近では割と重視されている安全面の装備がなく、パッケージオプションで追加となっております。

車を運転していて100%事故を起こさないという事は言い切れないのでドライバーの注意に加えて車自体にそういった機能を加えて事故率を選らすのはとても有効だと思います。

イグニスハイブリッドのグレード比較!価格に見合った装備内容の違いになっているか?必要か不要かを切り分け

価格面をご確認いただけたと思いますので、次はその価格差に見合った装備内容の差があるのかどうかというところを見てもらいたいと思います。

これは購入する方によって必要か不要かが分かれてきますので、自分にとってどうなのかというところをチェックしていただければと思います。

イグニスハイブリッドMGの注目すべき装備内容

・安全装備面

ベースグレードの安全装備については

軽量衝撃吸収ボディー

歩行者障害軽減ボディー

頭部衝撃軽減構造インテリア

運転席、助手席SRSエアバッグ

4輪ABS

マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ

このような感じで必要最小限の装備となっております。

内装ではマルチインフォメーションディスプレイが一応装備されており、アイドリングストップ節約燃料や平均燃費、航続可能距離などが表示されます。

インテリアについては特に目立った装備もなく、ベースグレードだけあり質感はイグニスハイブリッドの中では一番質素な内容になります。

イグニスハイブリッドMXの注目すべき装備の内容

次に中間グレードであるMXを見てみましょう。

上でも記載させて頂いた通り中間のグレードでセーフティサポートが標準装備となっており、装備されていないのは全方位モニター用カメラがないというところになります。

これが必要という場合にはパッケージオプション付きのMXを検討していただくようになります。

ベースグレードと比較して特に注目しておきたいのは

・キーレスプッシュスタートシステムが標準装備

・インテリアの内容はサテンメッキ調になっている

・エクステリアの各箇所にもメッキ塗装を施した内容が採用されている

といった3点がメインとなります。

イグニスハイブリッドMZの注目すべき装備内容

最後に最上位グレードであるMZの装備内容を見ておきましょう。

安全面では最上位グレードであっても全方位ミニター用カメラは標準となっておらずパッケージオプションでの追加が必要になります。

ランプの類はLEDとなり外観の見た目なんかは少し変わってきます。

カーレンジャー

ベースグレードを選択するのは営業車なんかとして使われていたりしそうですね。

プライベートで購入するのであればやはり中間グレードであるMXか最上位MZが良さそうです。

ちなみに車両本体価格はグレードが一つ上に上がるごとに20万円程度違ってきます。

イグニスハイブッドのグレード選択!結局どれがいいのか?

採取的な結論は契約前に個々で決めていただくようになりますが、今回の差額を見てみると下記の内容が適切なのではないでしょうか。

ベースグレード・・・とりあえず装備内容に関しては2の次3の次になるので価格を一番に考えている方

中間グレード・・・ある程度であれば装備内容はよういされていますが、それ以上でもそれ以下でもないという印象

最上位グレード・・・とにかく長く乗る、後々装備内容で後悔したくない方

このあたりの内容に当てはめてイグヒスハイブリッド脱却をしていただければと思います。

スポンサーリンク

-スズキ イグニスハイブリッド
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.