車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

レクサス UX

レクサスUXのグレードとパワートレイン選び!ベース・バージョンC/L・Fスポーツどれを選ぶ?

投稿日:

今回はレクサスから発売されているコンパクトSUV「UX」のグレードやガソリンかハイブリッドかのパワートレインに関する情報をお伝えしていきたいと思います。

カーレンジャー

レクサスから発売された「UX」はレクサスSUV最小サイズになっていますね。

NXでは手が出なかったという方でもUXなら手が届くかもしれませんよ?

レクサスUXのグレード・パワートレイン選び!ベースグレード・バージョンC・バージョンL・Fスポーツ

この記事で得られる情報

・レクサスUXのグレード情報

ベースグレード詳細

バージョンC詳細

バージョンL詳細

Fスポーツ詳細

・レクサスUXパワートレイン比較

ガソリン・ハイブリッド燃費比較

ガソリン・ハイブリッドパワー比較

レクサスUXのグレード比較

早速レクサスUXのグレードに関連する情報を見ていきましょう。

レクサスUXの価格

まずはUX200とUX250hの価格をグレード毎にみていきたいと思います。

まずはUX200から。

グレード(2WD) 価格
UX200 ベースグレード 3,900,000円
UX200 バージョンC 4,140,000円
UX200 バージョンL 4,740,000円
UX200 Fスポーツ 4,430,000円

*UX200は2WD設定のみ

UX200は390万円〜474万円になります。

次にハイブリッドのUX 250hです。

グレード(2WD) 価格
UX250 ベースグレード 4,250,000円
UX250 バージョンC 4,490,000円
UX250 バージョンL 5,090,000円
UX250 Fスポーツ 4,780,000円
グレード(AWD) 価格
UX250 ベースグレード 4,510,000円
UX250 バージョンC 4,750,000円
UX250 バージョンL 5,350,000円
UX250 Fスポーツ 5,040,000円

UX250hの価格は425万円からAWDのバージョンLで535万円という価格になっております。

ガソリン車とハイブリッド車の価格差は2WDで35万円になっており割と大きな金額になっているというのが現状と言えそうです。

レクサスUXの燃費

次に燃費の面を見ていきましょう。

WLTCモード JC 08モード
UX200 16.4km/L 17.2km/L
UX250h 22.8km/L 27.0km/L

よりリアリティがあるのはWLTCモードになります。

それぞれの燃費をご確認頂けるとご理解頂けると思いますが、他の車と比較して特に秀でているという印象はありません。

高級ブランドのレクサスとして考えた場合でまぁまぁといった所でしょうか。

レクサスUXグレード毎の装備の差

グレードはそれぞれ4タイプありますので、それぞれ装備内容が変わってきます。

グレードの選択においてはここが非常に重要になりますのでその詳細を見ておきましょう。

レクサスUX「ベースグレード」の装備

・ヘッドライト・・・単眼Bi-Beam LEDユニット

・タイヤ・・・17インチアルミホイール

・安全装備・・・レクサス セーフティシステム+

・鍵・・・電子キー2個(バックドア連動)

・ドライブモードセレクトスイッチ・・・Eco/Nomal/Sport

・メーター・・・7インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ

・シート・・・ファブリックシート

 

レクサスUX「バージョンC」の装備

*ベースグレードから追加・変更点

安全装備・・・レクサス セーフティシステム+の内容が追加

・アダクティブハイビームシステム「オプションで追加可能」

・ブラインドスポットモニター「オプションで追加可能」

・パーキングサポートブレーキ(静止物)→オプションで(静止物+広報接近車両)

・パノラミックビューモニター「オプションで追加可能」

・三眼フルLEDヘッドランプ「オプションで追加可能」

・LEDフロントフォグランプ「標準装備」

・フロントワイパー「雨滴完治オート」

鍵・・・電子キー2個+カードキー1個(バックドア連動)

パワーイージーアクセスシステム(運転席オートスライドアウェイ&リターンメモリー機能)「標準装備」

ステアリングヒーター「標準装備」

Ltexシート

運転席・助手席8way調整式パワーシート

バージョンCに関してはベースグレードに対して標準で追加されている部分がありますが、どちらかというと「オプションで追加可能」というところが多くなっており必要な装備だけを追加して乗るUXといった感じの内容になっています。

レクサスUXバージョンLの装備

装備内容では最上位のバージョンLを見てみましょう。

こちらが標準装備の内容であれば一番内容の濃いものとなります。

バージョンCと比較した内容で見てみましょう。

・18インチアルミホイールタイヤ

安全装備・・・レクサス セーフティシステム+の内容が追加

・アダクティブハイビームシステム「標準装備」

・ITSConnect「標準装備」

・三眼フルLEDヘッドランプ「標準装備」

・ヘッドランプクリーナー「標準装備」

本革シート

バージョンLに関して注目したい部分は本革シートと三眼LEDの部分になります。

外観部分での三眼LEDと内装のメインとなるシートが本革シートになりますので全体的に上質になります。

レクサスUX Fスポーツの内容

Fスポーツに関しては装備内容は基本的にバージョンCと同様になっております。

外観の内容がFスポーツ専用のものとなっております。

実際にバージョンLと同様の装備にするとなると価格はバージョンLを大幅に超える金額となってきます。

レクサスUXのグレード選びのまとめ

グレードの内容と装備、価格差などを把握していただけたのではないかと思います。

グレード選びについてまとめてみると

価格重視・・・バージョンC

装備内容充実・・・バージョンL

乗り味や走行内容をスポーティにしたい、金額は多少多くなっても良い・・・Fスポーツ

といった所でしょうか。

レクサスではあまりベースグレードをお勧めされませんが特にこのUXにはバージョンCという選択枠が多いグレードがあるのでベースよりもバージョンCを選ぶ方が賢い買い物と言えそうです。

ぜひ参考にしてみてください。





-レクサス UX
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.