車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

ホンダ N-BOX

ホンダN-BOXを本当に安く購入する!新車と中古車それぞれの方法

更新日:

国内軽自動車の中でもダントツで売れているN-BOX。

これから購入したいという方もかなり多くいらっしゃるのではないかと思います。

ただ、最近の軽自動車は安全装備も充実しサイズも軽自動車で決められた範囲でギリギリのサイズとなっており価格もかなり高くなってきているというのが現状です。

これはN-BOXだけに限らずどの車種にも当てはまる内容になっています。

ということで、この大人気車種N-BOXをできる限り安く購入する方法をこちらでご紹介したいと思います。

N-BOXを安く買う!

車はどうせ買うなら安く購入したいですよね。

N-BOXは軽自動車の中でも割と高額な部類になりますので尚更少しでも安く買いたいというのが本音になります。

まずは新車でN-BOXを購入する場合について見ていきましょう。

N-BOXを新車で安く買う!

まずは新車で購入する場合です。

中古車を検討されている方も是非こちらも参考にしていただきたいと思います。

新車でN-BOXを購入するとなった場合には主に「値引き」と「下取り」により乗り出し価格から金額を引いてゆき安く購入するという内容になります。

まずはN-BOXの新車値引きに関する情報です。

N-BOXの値引き

N-BOXの値引きについてですが現状の値引き金額はおおよそ15万円前後が相場となっております。

人気車種ゆえに値引きに関しては非常に厳しい状況と言って良いでしょう。

カーレンジャー

私もホンダカーズの社長と知り合いですがオデッセイやステップワゴンであれば多めに値引きするけどN-BOXはそんなに値引き出来ないと言われた覚えがあります。

それほど放っておいても売れてしまう車ということなんですね。

相場の値引きはこの金額となっていますが場合によっては値引きが殆ど得られずに契約に至る事もあるようです。

これはどうしても避けたい所になりますのでそうならないように新車購入時の値引きのコツを見ていきましょう。

①N-BOX購入時の商談で競合車がある事をやんわりと伝えて商談する

軽自動車はN-BOXだけしかない訳ではありません。

同じタイプの軽自動車は多く存在しており、各社良い所悪い所あります。

その中で納得した上での契約になりますね。

価格に関しても掲載されている金額での販売は一部メーカーを除いて殆どありません。

幾らかの値引きがあり、それに納得しての契約になります。

なので大げさに言うと車を競合させるというのはその勝ちに見合った買い物をしたいというユーザーの権利だったりします。

なので他の車や同じN-BOXであっても他のホンダカーズで見積もりを出して自分の希望する金額に近づけることは決して悪いことではありません。

なのでまずは競合する車を検討して見てください。

N-BOXに競合する車は

・ダイハツのタント、ウェイク

・スズキのスペーシア

・日産のデイズルークス

が主な車種になります。

競合車どうしの価格差を比較してみましょう。

車種 価格
ホンダN-BOX 138万円〜197万円
ダイハツタント 122万円〜165万円
ダイハツウェイク 135万円〜184万円
スズキスペーシア 133万円〜158万円
日産デイズルークス 131万円〜205万円

ご覧いただいた通りN-BOXに近い金額で販売される車は割と多くあります。

これに加えて同じN-BOXを別代理店のホンダカーズ同士で競合させると言う方法もあります。

最初にやんわり伝えると書きましたがそこまで大声で迷っている旨を伝えなくても慣れた営業マンであれば分かります。

②N-BOXの値引き商談は短期戦がいい?

必ずしも短期での商談が良いという訳ではありませんが軽自動車は車の中では安価な部類となります。(とは言っても高額ですが・・・)

特にN-BOXに関しては売れ筋車で放っておいても売れる車になりますので、営業マンも多く時間を取られたくない車になります。

商談の流れとしては初日の訪問で試乗と下取りの価格を確認します。

その日の内に値引きの確認をしてみます。

1度目の商談で値引き金額が15万円前後が引き出せたらそこで契約も有りです。

ここで値引きが0〜5万円という場合にはもう一度日にちを変えて商談していきたい所になります。

因みに、2度目の商談に関しては競合車を明確にして現状2択である事を伝えていきます。

普通に話をしていたら値引き金額を上げるのは難しいところとなりますので、ズバリ15万円の値引きで契約する旨を伝えてみてください。

これが困難で3回目以降の商談が必要になりそうな場合には別のディーラーを探すほうが早い可能性が高いでしょう。

③下取り価格について

下取り価格については余程の事がない限り確実にディーラーよりも買取専門店の方が高額となります。

それでも面倒で下取りを選択したいという場合には買取価格の相場を知った上で下取り価格の金額を上げてもらうような商談をしていく事をおすすめします。

この為買取相場は最初に商談へ向かう前にネットでサクッと調べておくと話を進めやすくなります。

こちらから簡単に査定可能なので試してみてください。

買取価格については値引き金額と比較しても差額が大きくなる可能性が非常に高いのでどうしても安くN-BOXを買いたいという方は必須といえます。

この辺りも知っているのと知っていないのとでは商談の時間が大幅に変わってきますので検討中という方は早めに調べておきましょう。

新車でN-BOXを安く買う方法まとめ

ここまでで新車でN-BOXを安く購入するための内容を一旦まとめておきます。

まずはディーラーを探す→下取り価格を確認しておく→初回訪問で値引きの確認→ダメなら2回目の商談で値引き希望額を伝える→ダメな場合ディーラーを変えて再度商談をする

初回訪問の時点で買取価格を確認してあれば下取り価格を提示された際に愛車の買取金額を伝え話をしておく。

この内容で商談を進めていきましょう。

中古でN-BOXを安く買うには?

次にN-BOXの中古車を安く買う方法について見ていきましょう。

元々中古車を購入するということは新車よりも安く買いたいという気持ちが強いはずです。

N-BOXの中古車値引き可能?

まずは新車同様中古車の値引きが可能なのか気になりますよね。

結論から申し上げますと中古車値引きは可能です。

ただし、新車のような値引き金額は期待できません。

良いところ5万円ほど、時期が決算期等でどうしても販売台数を伸ばしたいタイミングであっても10万円が限界でしょう。

それでもただでさえ新車よりも安い中古車が掲載されている金額よりも安くなるという事なので交渉しない理由はありません。

*上記以上の値引きをお願いしても基本的には難しく、逆に冷やかしや非常識のように思われるかもしれませんので過度な値引き交渉を控えましょう。

では中古のN-BOXの値引きに関してポイントを見ていきましょう。

・乗り出し価格がしっかりと表示されており、そこから値引きの話をする。

車両本体価格のみをフロントガラスに載せている中古車販売業車もありますのでしっかりと総額が分かった上で商談をしましょう。

基本的には万単位の端数を切ってもらうという交渉がメインとなります。

・欲しい車種が決まった上で商談する

少なくとも車種と色は決めておき中古車販売店へ向かいましょう。

これが決まっていない場合には店員も見に来ただけかなという感じで捉えます。

この状態で値引きの話をしても「まだどうせ買わなそうだから値引きは出来ないで良いかな」となってしまうケースがあります。

・今日にでも買いたいという状況を話す

中古車であれば当日即決という事も少なくありません。

中古車販売店の店員もすぐ買ってくれるお客さんは大歓迎ですので、購入する準備をしっかりと整えてお店に向かいましょう。

・ネットで事前に近場の中古車は確認しておく

今やネット上に自分の近くの販売店でどんな中古車がいくらで販売されているのかを確認する事ができます。

しかも状態もしっかり分かって走行距離は勿論、色や禁煙者喫煙者、装備内容まで掲載されています。

後は実物を見て本当にこの車で良いかどうかを確認する程度の状態になりますので、時間ロスを防ぐ意味でも事前チェックは必須と言えるでしょう。

中古車でも例外ではない下取り

ここは新車購入時と同様で現在乗っている車があるのであれば下取りか買取の選択をすることになります。

特に中古車の購入の場合には新車と違い現物が今そこにあるものを購入するケースがほとんどなので高く買い取ってくれる方をシンプルに選ぶ事ができます。

*新車の場合は納期に時間が掛かってしまいこの間に買取価格が低くなってしまうと言われてしまうケースもある。

中古車は値引きが渋い分ここが一番安く購入する為のポイントとなってきますので確実に高く買い取ってもらえる方を選びましょう。

短期決戦の中古車購入では上でも記載の通り当日契約というケースもあるので下取りの価格も当日決まってしまいます。

そうなる前に事前に自分の車の買取相場を確認しておく必要がありますよね。

こちらからすぐに自分の車の価値を確認する事ができます。

後々実は20万円も差が出たとなると安く購入したかったN-BOXを高額で購入したということになりかねませんので事前にチェックしておきましょう。

N-BOXを安く買うまとめ

大人気軽自動車N-BOXを安く購入する為の方法について見てきました。

色々と方法はありますが個人的に一番車から引かれる割合が高いと感じるのは毎回下取り価格と買取価格の差額になります。

これが無かった場合には無駄に料金を支払う事になってしまう訳で、毎回そこを知らずに車を購入していたら最終的にどの位損をするのかと考えるとゾッとします。

みなさんも是非新車購入や中古車購入の際には損の無いようにしてください。





-ホンダ N-BOX
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.