車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

日産 ノートe-POWER

日産ノートの値引き情報!「値引き相場、限界値引き」安く買う為のコツ、商談の方法

投稿日:

日産ノートe-POWERの値引きに関する情報をお伝えします。

コンパクトカーとは言え最近の車は車両本体の価格が昔と比較して随分上がっています。

少しでもノートe-POWERを安く購入するには?

値引きの限界や相場がどれくらいなのか?商談のコツは?などなど

ノートe-POWERを安く購入する為のあらゆる情報をお届けいたします。

カーレンジャー

最近は軽自動車でも200万円を超えるケースがあるからねー。

因みにノートe-POWERの場合は最上位グレードで車両本体価格が250万円までいかないくらいの価格。

コンパクトカーの競合車種も同程度になってるよね。

小悪魔センパイ

安全装備や快適装備が増えてきているし、走りの性能もどんどん変わっていってるから仕方のない部分かもしれないなぁ。

それだけに少しでも多くの値引きなどしてもらって支払わなければならない金額を減らしたいところだね。

ノートe-POWERの値引き情報!安く買うために必要な商談方法

まずは値引きの相場と限界値引きについて調べて見ました。

ノートe-POWER値引き相場と限界値引きはいくら?

ノートe-POWERの値引き金額の相場と限界

値引き相場 限界値引き
2018年3月 20万円 30万円

コンパクトカーということで車両本体価格の10%程である20万円が値引き相場になっているようです。

ここからは値引き額が大幅に動く事はないと思いますが、それがあるとするとモデルチェンジ前でしょう。

カーレンジャー

他のコンパクトカーとそこまで変わらない値引き額だね。

まぁまぁ予想通りってところかな?

ノートe-POWERの実際の乗り出し価格シミュレーション

値引き相場や限界値引きが分かった所で実際にノートe-POWERを購入した場合どれくらいの金額になるのかリアルなところを見ていきましょう。

グレード:e-POWER X

車両本体価格:1,965,600円

その他オプション費用(ボディーカラー プレミアムコロナオレンジ):48,600円

諸費用(税金、保険):94,559円

乗り出し価格:2,108,759円

e-POWER Xの乗り出し価格は210万円ほどになります。

ここにはカーナビなどの費用が含まれていないのでその辺りも加味すると230万円あればまとまった状況で走り出すことが出来そうです。

また、ここから値引き相場や限界値引きの金額を引いたものが実際の支払い金額になります。

ノートe-POWER値引きのコツ!競合車や商談に関する情報

値引きの相場や上限値がある程度把握出来た所でその値引きを引き出すまでの経緯を知っていると分かりやすいのではないでしょうか。

こちらに記載する全ての事をする必要はありませんが、納得出来る状況を作る為にある程度の知識があれば非常に便利です。

ノートe-POWERの競合車を知っておく

正直競合車さえなければそこまで値引きをしなくても売れてしまいます。

同じジャンルの同じような性能の車が沢山ある事で価格競争が起きている事は間違いないでしょう。

そういう意味では競合車の一台や二台の情報をある程度知っているとディーラーでの商談ネタも増えてきます。

ただ、競合車は諸刃の剣の時もあり「そこまで色々考えているならまだ購入は先」と思われると逆に値引きを引き出せなくなる場合もあります。

競合車は多ければいいというものではないのでこれからご照会する1〜2台を検討するとして頂ければ良いでしょう。

まずはノートe-POWERの簡単な詳細を確認しておきましょう。

日産ノートe-POWER

価格:190万円〜246万円

燃費:34.0km/L〜37.2km/L

このスペックに近いコンパクトカーを幾つかご紹介します。

トヨタアクア

価格:178万円=253万円

燃費:38.0km/L

ホンダフィットハイブリッド

価格:169万円〜236万円

燃費:37.2km/L

トヨタヴィッツハイブリッド

価格:181万円〜232万円

燃費:34.4km/L

ノートe-POWERに近い競合車3車種をあげて見ました。

ベースグレードの価格が一番高いのはノートe-POWER、最上級グレードで価格が一番高いのはアクアになります。

燃費はアクアがナンバーワンになります。

競合車としてはこの程度の情報があれば問題はないでしょう。

ノートe-POWER商談初日にやる事

ノートe-POWER購入を検討する際にまずはディーラーへ向かう事になると思います。

商談の1日目にやっておく必要があることを記載していきます。

①試乗をする

ディーラーへ行って担当者から一番最初に聞かれるのは「希望の車があるかどうか」です。

ノートe-POWERの購入を検討しているという話をすれば、基本的にどのディーラーに行っても試乗車がありますので試乗することが可能でしょう。

あまり多くはありませんがバッティングすることも考えられますので訪問予定のディーラーに連絡しておけば万全です。

試乗の目的としては、車の良し悪しを把握するということもありますが営業マンと話をして性格が合うかどうか確認するという点も考慮しておくと良いです。

車の購入は商談のタイミングだけではなくその後の付き合いも多かれ少なかれ出てきますのでまるで相性の合わない営業マンであれば他のディーラーに行ってみることをお勧めいたします。

②見積もりをもらう

試乗をした後は少し座って話をしますが、基本的な流れとしては見積もりを出してもらいます。

最初に出してもらう見積もりはとりあえずというところで一番売れているグレードにお勧めのオプションの付いた内容で出してもらう可能性が非常に高いです。

見積もりを出してもらう理由としては値引きの所感を得るためになります。

最初に訪問した時点でどれくらいの値引きを出してくれるのかという情報を得て、感覚的に希望の値引きをしてもらえそうなのかどうかを調べるためのものになります。

③下取り価格を調べてもらう

車の購入時に今乗っている愛車の下取り価格は非常に重要です。

どれくらいの価格で下取りしてもらえるかは寧ろ値引きよりも重要だったりします。

最初に訪問した際にディーラーではおおよそどれ位の価格で下取りをしてもらえるのかをしっかり把握しておく必要があります。

初回訪問時にしっかり把握するといいですね。

ノートe-POWER二度目以降の訪問について

二度目以降の訪問について2つのパターンが考えられます。

一つはディーラーからの連絡を待つ方法です。

このパターンは一番値引きが引き出しやすく、安値でノートe-POWERを購入出来る可能性があります。

営業マンから連絡があったということは数字が欲しい時になります。

このタイミングであればディーラー側も少し無理の出来る状況と考えて良いでしょう。

二つ目のパターンはこちらから連絡を取り訪問するパターンになります。

この場合状況によっては苦戦を強いられる可能性がありますので上手に商談を進めていきたいところです。

競合車を引き合いに出し、二度目以降も何度か訪問しながら値引きを引き出します。

また、このパターンになるケースの場合にこちらが不利になる可能性として車検などのタイムリミットがある状況です。

このリミットまでとなると営業マンも上手く値引きせずに押し切ってくる場合が考えられますので、時間にはある程度の余裕を持って計画的に予定を立てましょう。

ノートe-POWERの値引きの後は下取りの交渉は必須

値引き金額にある程度納得のいく額が引き出せたら次にやっておいて損のないことは下取り価格の引き上げです。

基本的に下取り価格はかなり抑え込まれた金額が提示されていると見て良いでしょう。

これと比較して買取価格は数十万円高くなるケースがあります。

どうするかと言うと、買取相場を事前に確認しておくということです。

下取り価格を買取相場に近い金額にしてもらえたのであれば大成功ですが、場合によっては買取をしてもらった方が高く引き取ってもらえるとディーラーからアドバイスされる場合があります。

この場合どれ位の金額差があるかによりますが、かなり違う場合はいくつかの買取業車に金額を出してもらうという方法を取れればノートe-POWERを最安値で購入出来るというのは言うまでもありません。

ただ、幾つもの買取業車を回るとなると時間も非常に多く取られますのでネットで査定をしてもらい一社に絞る事で大幅に時間を軽減出来ます。

ネットの場合はものの1分あればある程度の相場を簡単に出すことができます。

こちらが中でも一番簡単に出来ますので使って見てください。

契約まえに最後の一手

いよいよノートe-POWERを購入というタイミングになった時に契約の最後の最後で金額のそこまで高くないものをサービスしてもらえないか聞いて見てください。

ものによってはサービスしてもらえるかもしれません。

事前にオプションカタログをよく確認しておき目星を付けておきましょう。

ノートe-POWERの値引き商談などまとめ

車の商談は生涯に何度もあるわけではありません。

毎回車を購入する度に値引きも下取りも適当にやってしまうと生涯車に費やしたお金は大幅に上がってしまいます。

出来る限り損の無いように今回からでも少し気合いを入れて商談して見てはいかがでしょうか?

安く買えるようご検討お祈りしております。





-日産 ノートe-POWER
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.