車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

レクサスNX

レクサスNXのグレード詳細!ベース、Iパッケージ、F SPORT、バージョンLを比較

更新日:

レクサスの中でも販売数を大きく伸ばしているのがNXシリーズになります。

トヨタハリアーとサイズが殆ど同じで国内の道路を走るには割と良いサイズの車です。

今回はレクサスNXを検討されている方向けにグレードの詳細を見てみましょう。

カーレンジャー

レクサスは外車と比較すると安心感があるよね。

トヨタより高級なラインで値段もそこそこするけど一度は乗ってみたいなー。

レクサスNXのグレード詳細!4種類のグレードの違いを比較

レクサスNXはNX300のターボモデルとNX300hのハイブリッドモデルの2種類のパワートレインがあり、グレードはヒョウジュン(ベースグレード)Iパッケージ、バージョンL、FSPORTの4種類があります。

それぞれのグレードに良し悪しがありますのでその辺りを紐解いていきます。

レクサスNXの価格

まずはそれぞれの価格設定を確認しておきましょう。

NX300ガソリンターボ車の価格

ベースグレード Iパッケージ バージョンL F SPORT
2WD 4,400,000円 4,580,000円 5,060,000円 5,060,000円
4WD 4,660,000円 4,840,000円 5,320,000円 5,320,000円

NX300hハイブリッド車の価格

ベースグレード Iパッケージ バージョンL F SPORT
2WD 5,040,000円 5,220,000円 5,700,000円 5,700,000円
4WD 5,300,000円 5,480,000円 5,960,000円 5,960,000円

2WDと4WDの差は26万円。

ハイブリッドとターボの差額は64万円。

バージョンLとF SPORTは同じ価格になっています。

カーレンジャー

国産車としてはなかなか見かけない価格帯だね。

同じ位のサイズのハリアーターボのエントリーグレードELEGANCEが338万円と考えると100万円以上の差がある。

小悪魔センパイ

価格が高い分のメリットをレクサスに感じるかどうかというのが選ぶ時の分岐点になるね。

高級車に乗りたいと考えている人は多いけど簡単に購入出来るかどうかは別問題だよな。

レクサスNXの装備内容の差

価格差はなんとなく見て頂いて分かる所ですが、実際この価格差程の価値があるのかどうかという問題に直面します。

もし不必要な装備であればワンランク下げたグレードでも良い訳で、どうしても欲しい装備がどのグレードに付いているのかを確認しておきましょう。

主要装備(パフォーマンス)

アダクティブサウンドコントロール・・・F SPORTのみ

電動パワーステアリング・・・全車標準装備

NAVI-AI-AVS・・・F SPORT標準、バージョンLはオプション(108,000円)

17インチアルミホイール・・・ベースグレード、Iパッケージ

18インチアルミホイール・・・バージョンL

F SPORT専用アルミ・・・F SPORTのみ

パノラミックビューモニター・・・全車追加オプション(82,800円)

パーキングサポートブレーキ・・・全車追加オプション(28,080円)

パフォーマンスの部分で気になる点を挙げて見ましたがタイヤ、ホイールに関する部分を重視される方はバージョンLかF SPORTが良さそうです。

このセーフティの部分に関してはこの部分を除けばベースグレードでも良さそうな内容になっているように思います。

主要装備(安全装備)

オートマチックハイビーム・・・F SPORTのみ

タイヤ空気圧警告表示 マルチインフォメーションディスプレイ・・・F SPORTのみ

LEDヘッドランプ(ハイビーム・ロービーム)・・・F SPORTのみ

三眼LEDヘッドランプ(ロービーム)・・・バージョンL、Iパッケージ標準装備、F SPORT追加オプション(*124,200円)

ヘッドランプクリーナー・・・バージョンL、Iパッケージ標準装備、F SPORT追加オプション(*124,200円)

*セット価格

オート電動格納式ドアミラー 広角・自動防眩・リバース連動チルトダウンヒーター付き・・・ベースグレード標準装備

オート電動格納式ドアミラー 広角・自動防眩・リバース連動チルトダウンメモリーヒーター付き・・・バージョンL、Iパッケージ標準装備

F SPORT専用ブラック塗装 オート電動格納式ドアミラー 広角・自動防眩・リバース連動チルトダウンメモリーヒーター付き・・・F SPORT専用

パワーイージーアクセスシステム(運転席オートスライドアウェイ&リターンメモリー機能)・・・F SPORT、バージョンL、Iパッケージ標準装備

ドライブモードセレクトスイッチ SPORT/NORMAL/ECO・・・バージョンL、Iパッケージ、ベースグレードで標準装備

ドライブモードセレクトスイッチ SPORT S+/SPORT S/NORMAL/ECO・・・F SPORT標準装備、バージョンL(NAVI-AI-AVSとセット)

安全装備に関してもきになる部分をまとめてみました。

ここで差が出るのが三眼LEDです。

ベースグレードではこの三眼LEDが付いておらず、さらに追加する事も出来ません。

知っている人が見ればベースグレードだという事が分かる部分になっているので注意が必要です。

カーレンジャー

あまり拘りの無い人なら三眼無しでもいいのかもしれないね。

個人的には見た目重視という方には外せない装備になるだろうから、最低でもIパッケージが良いかもしれませんな。

他の部分でも多少違いはあるけれどここを見逃せるのであればベースグレードは選択枠に入ってくるかもしれない。

主要装備(インテリア)

ステアリングヒーター・・・バージョンL、Iパッケージ、F SPORTで標準装備、ベースグレードで追加オプション(10,800円)

ファブリックシート・・・ベースグレードで標準装備

L texシート・・・Iパッケージで標準装備

本革シート・・・バージョンLで標準装備

F SPORT専用本革シート・・・F SPORTで標準装備

後席6:4分割可倒式シート(電動リクライニング・電動格納機能付き)・・・バージョンLで標準装備、F SPORTで追加オプション(54,000円)

パワーバックドア・・・Iパッケージ、ベースグレードで標準装備

ハンズフリーパワーバックドア・・・バージョンL、F sPORTで標準装備

マークレビンソンプレミアムサウンドシステム・・・バージョンL、FSPORTで追加オプション(254,880円)

インテリアに関しても違いの大きな部分でまとめてみました。

一番大きな点はシートになります。

ベースグレードに関してはファブリックという事で、革系のシートが好みでないという方は積極的に選択するようになるグレードになりそうです。

また、パワーバックドアに関してはハンズフリーでなくても良いという方にはベースグレード、Iパッケージでも問題なさそうです。

最近では国産車の一部でもハンズフリーによる開閉可能なトランクだったりスライドドアが出てきているのでハンズフリーがどうしても良いという方は上の二つのグレードを選ぶ必要があります。

カーレンジャー

シートは好みがあるよね。

本革も手入れをしないで長く乗ると伸びてきちゃうなんていう事があったりして、高級車であってもファブリックがいいという人はいるかもしれないな。

パワーバックドアはボタンさえ押せば自動でしまってくれるからハンズフリーじゃなくてもいいという方も多いかもしれないね。

レクサスNXのグレード選択まとめ

大体の差は分かって頂けたのではないでしょうか。

ここまでの内容をまとめてみると、価格差がそれほど大きくないベースグレードとIパッケージであれば少し予算を工面してでもIパッケージの方が充実しているように思います。

バージョンLは装備がしっかりしており、F SPORTを選ぶ場合は車両本体価格の同じバージョンLと内容を同等にしようとすると大幅に料金がかかりそうです。

無難な所で考えるとバージョンLかIパッケージで十分満足のいく内容なのではないかと思いますが、価格差は割とあるので検討。

拘りたいという方は専用オプションの多いF sPORTをベースに必要なオプションを追加購入といったイメージになります。

ぜひ参考にしてみてください。





-レクサスNX
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.