車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

ホンダ オデッセイハイブリッド

オデッセイハイブリッドのグレード情報!価格や装備など細かい情報を事前チェック

投稿日:

ミニバンの中でもスタイリッシュなエクステリアを持つオデッセイハイブリッドですが、購入を検討する際にはグレードを決めなければならない訳です。

事前にどのグレードがどんな内容で価格設定がどうなっているのかなどなど、情報を得ておきたいところです。

こちらではそんな情報を細かくお伝えしていきたいと思いますので是非一読ください。

オデッセイハイブリッドの各グレードの比較情報詳細!どうせ買うならアブソルートが良さそうか?

まずはオデッセイの価格に関する情報をまとめて見てみましょう。

オデッセイ、オデッセイハイブリッドの価格に関する情報

まずはオデッセイのガソリン車の価格一覧になります。

ガソリン車 7人乗り/FF 8人乗り/FF 8人乗り/4WD
G AERO HOnda SENSING 3,066,400円 2,980,000円 3,180,000円
ABSOLUTE Honda SENSING 3,326,400円 3,240,000円 3,440,000円
ABSOLUTE EX Honda SENSING 3,540,000円 設定なし 3,653,600円

次にオデッセイハイブリッドの価格一覧になります。

ハイブリッド車 7人乗り/FF 8人乗り/FF
HYBRID Honda SENSING 3,836,400円 3,750,000円
HYBRID ABUSOLUTE Honda SENSING 3,936,000円 3,859,999円
HYBRID ABUSOLUTE EX Honda SENSING 4,150,000円 設定なし

ガソリン車が300万円〜365万円、ハイブリッドは383万円〜415万円になります。

ガソリン車の上位グレードとハイブリッド車のベースグレードは殆ど価格が被っておらず珍しいパターンになります。

それ程ハイブリッド車の価格はガソリン車と比較して高い設定になっています。

また4WDを選択したい場合には強制的にガソリン車を選ぶ必要がありますのでこのあたりにも注意が必要になります。

ハイブリッドの最上位グレードは400万円オーバーとなっておりこのクラスのミニバンとしては高額と言えます。

オデッセイ、オデッセイハイブリッドの標準装備はどうなっている?

価格が明確になった所で全車共通の標準装備をまとめておきましょう。

全車共通標準装備

・Honda SENSING

安全装備のパッケージであるHonda SENSINGは全車標準です。

昨今の車は安全装備に対する開発が進んでおりますので、こういったパッケージが標準というのは嬉しい限りですね。

・一列目シート用サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム

・大開口フロントグリル、エアルダイナミクスカラードバンパー、エアロダイナミクスドアロアガーニッシュ

・ナビ装着用スペシャルパッケージ

この4つの装備は全車共通装備になっています。

オデッセイハイブリッドの各グレード毎の装備内容

次にオデッセイ、オデッセイハイブリッドの各グレードの詳細を見てみましょう。

まずはガソリン車から。

G AERO Honda SENSING

・LEDヘッドライト

・両側パワースライドドア

・17インチアルミホイール

・エコアシスト

・アイドリングストップシステム

・フロントフルオートエアコンディショナー+リアマニュアルクーラー

・二列目、三列目シート用独立エアコンアウトレット

・インストルメントパネル、フロントドアパネル(木目調)

・運転席用、助手席用バニティミラー付サンバイザー

・センタービラーグリップ

ABSOLUTE Honda SENSING

ABSOLUTE Honda SENSINGはG AERO HOnda SENSINGに加えて装備出来る内容が変わっています。

・Honda インターナビ+リンクアップフリー+ETC2.0車載器

・リアエンターテイメントシステム

・マルチビューカメラシステム

・Hondaスマートパーキングアシスト

・パーキングセンサーシステム

・運転席大型アームレスト

・センターコンソールボックス

・18インチアルミホイール

アブソルートの場合は後からつけられる装備が大幅に増えるという認識で良いでしょう。

ABSOLUTE EX Honda SENSING

EXはガソリン車の中で最上位グレードとなります。

後付け出来る装備は本革シートくらいですね。

標準装備では

・マルチビューカメラシステム

・Hondaスマートパーキングアシスト

・パーキングセンサーシステム

・後退出庫サポート

・ブラインドスポットインフォメーション

・運転席助手席ヒートシーター

・トリプルゾーンコントロール、フルオートエアコンディショナー

となっており、標準装備はかなり充実しています。

では次にハイブリッドの内容を見てみましょう。

HYBRID Honda SENSING

 

・Honda SENSING(渋滞時追従機能付)

ハイブリッドもホンダセンシングはベースグレードから標準装備されており、渋滞時追従機能も付いています。

・電子制御パーキングブレーキ

・オートブレーキホールド機能

・車両接近通報装置

この辺りはガソリン車では無かった装備です。

最近の車では段々と標準化されており、渋滞時等使ってみると非常に便利な装備となっております。

・本革ステアリングホイール

・運転席、助手席用バニティミラー付サンバイザー

・センターピラーグリップ

・16インチアルミホイール

HYBRID ABSOLUTE Honda SENSING

ABSOLUTEはハイブリッドの装備に加えて

・二列目三列目シート用独立エアコンアウトレットがクロームメッキリング付き

・コンビシート

・黒木目調スライドドアパネル

・運転席、助手席用バニティミラー付サンバイザー照明付き

・センターピラーグリップクロームメッキモール付き

・17インチアルミホイール

HYBRID ABSOLUTE EX Honda SENSING

ハイブリッドの最上位グレードアブソルートEXはアブソルートに加えて

・LEDアクティブコーナリングライト

・マルチビューカメラシステム

・Honda スマートパーキングアシストシステム

・パーキングセンサーシステム

・後退出庫サポート

・ブラインドスポットインフォメーション

・運転席、助手席シートヒーター

・トリプルゾーンコントロールフルオートエアコンディショナー

・本革シート+インテリア(追加装備可能)

・助手席4ウェイパワーシート

などが追加されております。

カーレンジャー

やっぱり最上位グレードは内容ががっちりしてますね。

価格さえ問題なければ最上位グレードのEXを選ぶのが一番後悔の無い選択になりそうだね!

オデッセイグレードに関するまとめ

グレードの内容を簡単にまとめてみましたが、一番は予算にあっているグレードを探す所から始める事になるかと思います。

ただ、そこに希望の装備があるのか無いのかを確認し希望に沿わないようであれば上位グレードを目指した値引き交渉をするという流れになるのが一般的です。

グレードの量もそこまで多く無いので選択にそこまで困らないとは思いますが是非参考にしてみてください。





-ホンダ オデッセイハイブリッド
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.