車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

トヨタ RAV4

トヨタ新型RAV4発売!価格・燃費・装備内容からグレード選びに迷わない為の情報

更新日:

今回は注目度の非常に高いトヨタ新型RAV4に関する情報を記載していきたいと思います。

発売は2019年4月となっており今年大注目の一台になります。

現在RAV4を検討されている方はグレードやガソリンかハイブリッドかなど色々と迷っておられるのではないかと思いますが、こちらでその手助けを出来ればと思います。

トヨタ新型RAV4のグレード選び!価格・燃費・装備の内容からグレード選択。ガソリンかハイブリッドも迷う所を払拭

この記事で得られる情報

・RAV4のスペック(価格・燃費・装備など)

・RVE4ハイブリッドとガソリン車比較情報

カーレンジャー

RAV4の発売をかなり待ちに待った方も多いはずです。

トヨタからミドルクラスのSUVなので注目が集まらない訳がありませんよね。

最近発売されるシティ派SUVとは違い見た目はかなり本格派ですのでその内容を見ていきましょう。

RAV4の価格・燃費・グレードなどの情報

まずは価格をグレードごとに見ていきましょう。

まずはガソリン車から

グレード 価格
X 2,608,200円〜
G 3,202,200円〜
G Z Package 3,348,000円〜
Adventure 3,137,400円〜

次にハイブリッド車です

グレード 価格
HYBRID G 3,817,800円〜
HYBRID X 3,202,200円〜

ガソリン車は全4種類のグレードがあり260万円〜334万円、ハイブリッド車は2種類のグレードで320万円〜380万円になります。

同じミドルクラスSUVのハリアーと比較すると非常に購入しやすい価格帯になっていますね。

続きまして燃費をチェックしておきましょう。

ガソリン車の燃費はWLTCモードで15.2km/L、唯一グレードXの2WDは15.8km/Lになります。

更にハイブリッドの方は同様のWLTCモードで25.0km/L〜25.2km/Lとなっております。

カタログ値に関してはこれまでのJC08モードよりもだいぶ信憑性がありますので上手に運転をされる方であれば上記の燃費に近い数値が出るかもしれません。

タイヤ/ホイール メーター シート
Adventure 19インチアルミ 7.0インチTFTマルチ 専用合成皮革+ステッチ
G Package 19インチアルミ 7.0インチTFTマルチ 合成皮革+ステッチ
G 18インチアルミ 7.0インチTFTマルチ 合成皮革+ステッチ
X 17インチアルミ 4.2インチTFTマルチ ファブリック

グレードについて簡単な内容を一覧にしてみました。

ベースグレードは特出して内容が抑えられております。

その分価格面に関しては260万円ほどとなっており購入しやすい価格帯になります。

カーレンジャー

時々革シートは嫌でファブリックを好むと言う方もおりますが、その場合には必然的にベースグレードのXを選んでいくようになります。

さらにそういった方が性能を求めた場合オプションを追加する必要が出てきて結果高上がりになってしまいますのでご注意ください。

またAdventureとそれ以外のグレードでフロントマスクに差があります。

右側がAdventureで左がそれ以外のグレードのフロントマスクになります。

つまりグレードを選ぶ際に気をつけておきたいのがハイブリッドの場合には全て左側のデザインになるという所になります。

右側のフロントマスクのデザインを希望される場合には現状ガソリン車を選択せざるおえない状況となっているということは事前に把握しておきたい所ですね。

加えてインテリアの雰囲気も見ておきましょう。

カラーリングはホワイト系とブラック系の2色展開となっており、至ってシンプルな感じですね。

質感という意味ではどうしてもクロカン系に走った感じが見えており、先進的という訳ではありません。

とは言うもののカーナビの位置などは埋め込みタイプではなく、今主流の出っ張ったタイプとなっており古さは感じませんね。

これはこれで機能的に不便することもないので納得出来る方にとっては丁度良いと言うレベルには達しているのではないかと思います。

カーレンジャー

コックピットの雰囲気は主流のものを取り入れておりますがやはりトヨタらしさは良くも悪くも残る形になっていますね。

新型RAV4ガソリン車とハイブリッド車どちらを選ぶ?

グレード選びと同時進行でガソリン車とハイブリッド車どちらを選ぶのかを考える必要があります。

上記で記載したフロントマスクのデザインで決める以外の所でチェックしておきましょう。

2.0Lガソリンエンジン車の特徴

・最大出力 126kw

・最大トルク 207N・M

トヨタで初めての2.0Lダイナミックフォースエンジンを搭載しております。

このエンジンにより全体的なパフォーマンスの向上、全速度域でのトルクと燃費が向上しているとのことです。

2.5Lハイブリッド車の特徴

・最大出力 163kw

こちらもダイナミックフォースエンジン搭載となっておりガソリンエンジン車同様に全体的なパフォーマンスはこれまでの車種よりも向上しているとのことです。

更にやはりハイブリッドということもあり燃費もこちらの方が良いというのは言うまでもありません。

既にRAV4のガソリン車、ハイブリッド車の両方に試乗された方の意見を確認してみると

・なんだかんだでガソリンエンジン車のパワーが魅力

・長く乗りたいので長期的な燃料費を考えてそろそろハイブリッドを選択したい

・運転していて気持ちの良かったのがガソリン車だったので迷うことなくガソリンエンジン車を選んだ

・ハイブリッドの感じに慣れないのでガソリン車にした

などの意見を見ることができました。

新型RAV4のグレードとパワートレイン選びまとめ

ここでRAV4のグレードやガソリンハイブリッドのどちらを選ぶかについてまとめておきたいと思います。

・とにかく安価なRAV4が欲しい→ガソリン車グレード「X」

・フロントマスクはアドベンチャーのものが良い→ガソリン車「Adventure」

・燃費の良いRAV4に乗りたい→ハイブリッド車

簡単に仕分けをすると上記のような感じになりそうです。

また、細かいグレードに関しても予算が許すのであればG系のグレードを選択されるのが良いでしょう。

是非参考にしてみてください。

デザインも良し、タイミングは今しか無いという方も多くいらっしゃるのでは無いかと思います。

そんな方はちょっと待ってください!

今RAV4を購入すると値引きが非常に渋い状況にあります。

お金が余っていて使いたくて仕方ないという方は良いかもしれませんが、そういう方はそこまで多く無い世知辛い世の中ですよね。

ということで少しでもRAV4を安く購入する為にやっておきたいのは

「今乗っている車を如何に高く下取りしてもらうか!(買取してもらうか)」

ということにつきます。

やることはただ一つで自分の車の現在の相場をチェックするということ。

これを知らずにディーラーで下取りに出すと結局ディーラーの言い値で取引されるだけですよね。

私も何度か下取り価格と買取価格を比較しましたが一度も下取り価格が買取価格を上回ったことはありませんでした。

で、結局車を購入する際には確実に買取価格をチェック⇨下取り価格をディーラーから聞く⇨ディーラーで買取価格と同等もしくは上回る金額を出してくれるか聞いてみる

ということをやっております。

これをやらないと数十万円確実に損をします。

今ならまだ損をせずに車の購入を出来ますので事前にこちらでチェックし行ってください。

間違いなく効果はあります。

少しでも安くという方は是非試してみてください。

関連記事:RAV4を安く買いたいという方はこちら

スポンサーリンク

-トヨタ RAV4
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.