車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

トヨタ RAV4

トヨタRAV4アドベンチャーの値引き状況と乗り出し価格!RAV4アドベンチャーを安く買う為の情報

更新日:

人気のRAV4アドベンチャーを安く買う為の情報をお伝えしていきたいと思います。

RAV4はトヨタ車の中でも現在大注目の車種の一つとなっており、購入希望者も非常に多いようです。

ただ、車の購入には大きなお金が掛かってしまう為どのディーラーでも値引きの商談を行なっているというような状況になります。

・値引きを大きくする事

・現在乗っている車をできる限り高額で買い取ってもらう事

この2つが重要になってきます。

実は私もRAV4アドベンチャーの購入を検討して値引きの為に商談をした事がありますので簡単ではありますがレポートも記載いたしました。

カーレンジャー

う〜ん。

どちらかというとRAV4を安く買うには値引きよりも買取の方が重要だったというのが最終的な持論です。

こちらではこの2つに関して成功方法をお伝えしていきたいと思います。

トヨタRAV4アドベンチャーの値引き情報!RAV4の人気グレード「アドベンチャー」を安く買う方法

まずはRAV4アドベンチャーの値引き金額がどの程度まで引き出せるのかを確認しておきたいと思います。

・RAV4アドベンチャーの一般的な値引き状況・・・5万円〜10万円

・RAV4アドベンチャーの限界値引き・・・15万円

現状のRAV4の値引きは正直厳しいと言わざるおえない状況になりますができる限り限界値引きを引き出すことがRAV4アドベンチャーを安く購入する方法となります。

ではその値引きの為に必要な情報から見ていきたいと思います。

RAV4アドベンチャーの値引きに必要な情報一覧

まずは初回訪問時にやっておきたい事をまとめておきたいと思います。

初回訪問時の商談

①RAV4アドベンチャーに試乗

とりあえず車に乗ってみない事には話は進みません。

営業マンの方も一番最初に訪問されて案内するのは「試乗をしますか?」という所になります。

既にRAV4アドベンチャーの購入が心の中で決まっていたとしても試乗を断るのはあまり良いイメージを与えませんので、商談初日には試乗の出来る時間を作って行きましょう。

②RAV4アドベンチャーの見積もり・下取り

試乗の後にディーラーまで車で行っていたとしたら現在乗っている車の下取り価格の調査をしてくれます。

これは営業マンの方が担当された方以外に空いていれば時間短縮も出来るので試乗の間にお願いすると良いでしょう。

また、試乗後には見積もり作成をしてくれるケースが殆どなのでその間に下取り価格を確認してもらい見積もりに反映してもらうとよりリアリティな購入金額が見えてきます。

③RAV4アドベンチャーの見積もり金額からの値引きを聞く

見積もりを貰い少し営業の方とお話しする時間が出来ると思いますので、この時にやんわりと値引き金額を確認してみてください。

「RAV4アドベンチャーを購入するとしたら大体いくらくらい値引きしてもらえるんですか〜?」というような感じで大丈夫です。

④とりあえず帰宅する

上記3点確認後「とりあえず今日のところは引き上げます」と伝えましょう。

こうする事で次回訪問時の値引きのハードルを上げておくことができます。

勿論事前に連絡先は伝えておいてください。

カーレンジャー

初回訪問時にやる事は盛りだくさんですね。

最後にとりあえず帰るとしておりますが、当日に提示された値引き額が目標の金額であればそこで契約というのもアリですね。

初日から色々とテクニックを使って一筋縄ではいかないお客さんだと思ってもらえます。

ただし、ディーラー側も客商売の為こちらの印象は好印象を保ったまま実行して貰うとさらに効果的です。

商談初日のテクニック①は試乗している間に下取り価格を確認してもらうという所にあります。

これは車を購入し慣れているという事を印象つけられます。

初心者であればなんとなく利益優先の顧客として販売出来るかもしれませんが、相手が小慣れている場合はそうもいかないかもしれないと思わせる事が出来ます。

テクニックその②は見積もりに下取り価格を反映してもらうという所にあります。

これにより初日のRAV4の購入金額はある程度確定します。

競合として使われているかもしれないと感じる場合もありますので、やんわり確認した値引き金額も少し多めに盛ってくれる可能性があります。

テクニックその③は今日は一先ず引き上げてしまうという事です。

基本的に「今日購入を決めていただければ〜」みたいなことを言う営業マンの方が居ると思いますが、大抵は後日購入の場合もその時言った値引きをせざるおえません。

であれば、こちら側はそんなに急いでいないという余裕と、次回はもっと値引きしなければならないというプレッシャーを与える事が出来るので一時退散というのは大いに得策になります。

2回目以降の商談

・2度目の訪問は連絡待ちという方法が有効

営業マンも毎月数字に追われております。

どうしても数字が欲しいタイミングでは見込み客への連絡をする事も少なくはありません。

この連絡を貰って訪問するというのは非常に有効で、この時に希望価格を伝え優位に商談をする事が出来れば商談自体が非常に簡単に済みます。

因みに、この連絡を貰えるかどうかは初回訪問時の試乗がポイントとなってきますので上手にやりましょう。

・商談が3度を超える場合

商談が長引いてしまうとなかなか先に進まなくなります。

商談が3回目を超える場合にはこちらから「〜円値引きしてもらえたら購入する」という事を伝えて見てください。

その時の雰囲気によってディーラーを変更する事や、新古車の検討をしてみても良いかもしれません。

カーレンジャー

高額な車を購入するにあたって客でありながら営業マンとの関係はあくまでフレンドリーというところがベストじゃないかなぁと思います。

変に上下関係のようにしてしまうと営業マンが自分の顧客として手元に置きたくないと考えられてしまう可能性があるので値引きも渋くなってしまいますよね。

あくまで営業マンの方とは良い関係を作ることが一番良いですね。

「レポート」実際にRAV4アドベンチャー値引き商談をしてみた

上記の内容を元に実際にトヨタディーラーへ訪問して値引きの商談をしてみました。

実際にトヨタでは車を購入している為、商談自体は和やかな感じでやってきました。

とりあえずRAV4って何が良いの?と言うところから試乗をさせてもらう流れを作り、試乗の最中に良し悪しなどについて営業マンから聞き出すと言う感じ。

良い部分も悪い部分もユーザーによって異なりますが、個人的にはこのパワフルな見た目とトヨタブランドのSUVというところのリセールバリューを期待していると伝えました。

営業の方もその辺りは勿論否定せず、トヨタの良い部分であると追い打ちをかけてきます。

車の走行性能自体は言ってしまえば「THE国産車!」という感じ。加速や曲がるなどの性能については他の国産車と比較して大きく勝ることも劣ることもないといった印象でした。

試乗も終わり、現在乗っている車の下取り価格を確認してもらった上で商談は値引きの話へ。

見積もりは値引き無し、グレードはアドベンチャーという事でどれくらい引いてもらえるのか確認したところ常連さん用に10万円までオーケーもらっていますとのこと。

滑り出しとしてはまぁまぁでしょうか。

ここへ来る前にエクストレイルやフォレスターには試乗している胸を伝えましたがそこまで値引きを落とすという事でもなさそうだったので一旦引き下がりカローラ店へその足で向かうことに。

ほぼ同じような流れをカローラ店でもこなして最終的な値引きは同額の10万円。

カローラ店は初めての訪問だったので様子をみようと思いましたが、値引きにも限りがあることは重々承知しているのであと5万円でもなんとかならないかを商談しました。

結果5万円の追加値引きは可能ということで15万円の値引きを引き出すことができました。

その後ですが、別びに最初に訪問したネッツ店で状況を伝えて追加5万円とコーティングまでしたもらえるようこぎつけたのです。

カーレンジャー

少ない訪問回数でこれくらいの値段を出せるのはやはり購入に慣れているというのはあるかもしれません。

RAV4をこのタイミングで15万円の値引きが引き出せたのであればなかなか十分な数値なのではないでしょうか。

RAV4アドベンチャー値引き後の乗り出し価格はいくら?

結局RAV4アドベンチャーは値引きしてもらっていくらで購入出来るのか?

ここが一番気になるところですよね。

という事で値引き後の乗り出し価格を確認してみましょう。

RAV4アドベンチャー車両本体価格:3,191,400円

*カラーオプション54,000円込み

税金等諸費用:273,757円

合計金額:3,465,157円

ボディカラーをツートーンのアッシュグレーメタリック+アティチュードブラックマイカにしましたがこの部分も含めておおよそ350万円です。

人気のオプションを追加した場合

・T-Connect9インチナビを加えた場合+239,760円

・サイドバイザー+32,400円

・パノラマムーンルーフ+140,400円

この辺りが追加されるオプションでは多いものになりますね。

上記オプションを入れなかった場合で350万円になりますので、何かしら追加する事で10万円程にはなりそうです。

この辺りを加味すると平均的な値引き金額5万円〜10万円を差し引いて350万円〜360万円程の予算を見立てて頂く必要がありそうですね。

ただ、これでは少し納得いかない、もっと安くならないかと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

上記RAV4の合計金額346万円から値引き限界を差し引いてみると331万円ですね。

この金額で納得出来るかといったら個人的には納得できません。

どうせ買うなら同じものを安く買う方が良いというのは誰が考えてもそのはずです。

という事で、もう一つ手を打ちましょう!

RAV4アドベンチャー以外のグレードと比較!

RAV4の人気グレードであるアドベンチャーと他のグレードを比較しておきましょう。

その前にアドベンチャーはガソリン車のみのグレード設定となっておりますので予めご了承ください。

RAV4のグレードはガソリン車では4つのグレードに分かれております。

まずは価格の設定についてみて行きたいと思います。

RAV4のグレード 価格
X 2656500円
G 3261500円
G ZPackage 3410000円
アドベンチャー 3195500円

アドベンチャー価格は下から2番目という価格設定となっております。

ベースグレードのXではインテリアはファブリック、Gになると合成皮革になります。

G ZPackageでは合成皮革でアドベンチャーのみ専用合成皮革となっております。

RAV4の値引きに加えて下取りと買取も競合させるとさらに安く購入出来る!

訪問初日にやっておきたい事としてディーラーでの下取り価格の確認をあげましたが、それには理由があります。

一番最初に値引きが厳しい事はお伝えしてありましたが、下取り価格というのはどの車種を購入するにあたってもそこまで変わりはありません。

そこでしっかりと狙っていきたいのがこの下取り価格の交渉です。

正直な所車両本体の値引きよりもこちらの方が最近では重要視されています。

何故なら値引きを30万円引き出すよりも、下取り買取の競合をした方が30万円の差額を出しやすいからです。

基本的に業者での買取価格はディーラーの下取り価格を上回ります。

この業者で出された買取価格をディーラーに提示して同額が可能かどうかを確認するだけです。

もし可能であれば下取りでも買取でも好きな方を選択すれば良いですし、そうでない場合には買取してもらえば良いという事になります。

最近では買取も全ての段取りが簡単になってきており、特に今自分の車の金額がどれくらいなのかを確認するという点ではネットで1分あれば完結します。

ディーラーへ訪問する前にネットで自分の車の価値を確認しておけば下取り価格を提示された際に簡単に差額が分かりますので事前にチェックしておけば準備万端と言えます。

こちらのサイトから買取価格は簡単に確認出来るので先に済ませておきましょう。

ここをやるとやらないとでは最終的な車への負担額がまるで違ってきますので既に知っている方は車の購入の際には必ず行っています。

ご存知でなければ一度試して見てください。

スポンサーリンク

-トヨタ RAV4
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.