車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

スバル フォレスター トヨタ ハリアー ホンダ CR-V 日産 エクストレイル

国産ミドルクラスSUV徹底比較「ハリアー、CX-5、フォレスター、エクストレイル、CR-V」最強はどれ?

更新日:

SUVブームの中国産メーカーでミドルクラスのSUVが出揃いました。

トヨタからハリアー、マツダからCX-5、スバルからフォレスター、日産からエクストレイル、最後にホンダからCR-V。

このミドルクラスのSUVはサイズ的に丁度中間のサイズに当たる為ファミリー層からも支持があり、コンパクトSUVには無い積載量を持ち合わせた車になります。

ミニバンはちょっと苦手という方でもこのミドルクラスのSUVであれば乗ってみたいと思わされるのではないでしょうか。

という事で、今回はこのミドルクラスのSUVに関して徹底深掘りしていきたいと思います。

国産ミドルクラスSUV5車種を徹底比較!最強のSUVはどの車種なのか?

まずは一番知りたい価格差について見ていきましょう。

国産SUVの価格を比較!

まずはそれぞれ発売されている中で必ず設定のあるガソリンエンジン車から比較してみたいと思います。

車種 価格
トヨタ ハリアー(ターボ含む) 294万円〜460万円
マツダ CX-5 249万円〜321万円
日産 エクストレイル 219万円〜356万円
スバル フォレスター 280万円〜309万円
ホンダ CR-V 323万円〜436万円

最安で購入出来るのは日産エクストレイル「20S」の219万円となっており、最上位グレードが一番安価な車種はフォレスター「2.0 Advance」で309万円した。

逆にエントリーグレードが高額なのはホンダCR-V「EX」323万円で、最上位グレードが一番高額になるのはトヨタハリアー「PROGRESS Metal and Leather Package Style BLUEISH ターボ」460万円となりました。

次に各車種で設定のあるガソリン車以外のハイブリッドやディーゼルエンジン車の価格を見てみましょう。

車種 価格
トヨタ ハリアー HYBRID 377万円〜495万円
マツダ CX-5 ディーゼル 280万円〜352万円
日産 エクストレイル HYBRID 258万円〜384万円
スバル フォレスター 設定無し
ホンダ CR-V HYBRID 378万円〜436万円

まずスバルフォレスターは現状ガソリンエンジン以外の設定は無しです。

日産のエクストレイルHIBRIDは「20S HYBRID」が258万円で一番安価で購入でき、上位グレードの価格が抑えられているのはマツダCXー5「XD LPackage」の352万円になります。

逆に価格の高いエントリーグレードがホンダCR-V「EX」で378万円、さらに最上位グレードが一番高額なのがハリアーHYBRIDで断トツの495万円になっております。

カーレンジャー

という事で価格面で一番優秀なのは日産のエクストレイルでした。

逆に高額と言わざるおえないのがトヨタハリアーとホンダのCR-Vになります。

価格重視という場合には日産のエクストレイルが非常にオススメです。

ミドルクラスSUVのサイズ比較

今回比較対象となっている5車種はミドルクラスとは言え少しサイズが異なっております。

どの車種が一番コンパクトでどの車種が一番大きいのか?

この辺りを明確にしていきたいと思います。

車種 全長・全幅・全高・ホイールベース
トヨタ ハリアー 4.725/1.835/1.690/2.660
マツダ CX-5 4.545/1.840/1.690/2.700
日産 エクストレイル 4.690/1.820/1.730/2.705
スバル フォレスター 4.625/1.815/1.715/2.670
ホンダ CR-V 4.605/1.855/1.680/2.660

黄色がそれぞれ一番サイズの大きいもの、赤がそれぞれ一番サイズの小さいものとなります。

CR-Vやエクストレイルには三列目の設定が可能な為もう少し大きめなのかと思いましたが案外そうでもなく、特にCR-Vは全高とホイールベースは2箇所がこの中で一番小さいことを数値で示しております。

大きいから良いとか小さいから悪いということは無いので好みのサイズの車種を選ぶのが良いでしょう。

カーレンジャー

まぁそうは言っても同じカテゴリのミドルクラスSUVということもあってずば抜けてサイズが大きかったり、小さかったりすることは無いですね。

ただ、やはり三列目のシートがある車種はもう少し大きくしないとシートがあっても実質的に使えないなんてこともあるんじゃ無いかなぁ・・・。

ミドルクラスSUVの燃費比較

次は燃費の比較になります。

燃費に関しても言ってしまえばかなり近い数値になるかと思いますが、少しでも長く走れる車を求める方はこちらも参考にしてもらえればと思います。

車種 燃費
トヨタ ハリアー ガソリン車 /16.okm ターボ/13.0km HYBRID/21.4km
マツダ CX-5 ガソリン/13.0km〜14.6km ディーゼル/18.0km〜19.0km
日産 エクストレイル ガソリン/15.6km〜16.4km ハイブリッド/20.0km〜20.8km
スバル フォレスター ガソリン/14.4km〜18.6km
ホンダ CR-V ガソリン/15.8km ハイブリッド/25.8km

燃費一覧を見てみるとやはり燃費差は驚くほど大きく違うということは無く基本的には近差の争いという感じです。

カーレンジャー

パッと見た感じは確かに同じ感じだね。

発売が一番遅かったCR-Vが少し良いかな。

ただ、唯一言えるのは燃料費が一番かからないのはディーゼル仕様のCX-5ですね。

燃料費重視であればCX-5が最良ですねぇ。

国産ミドルクラスSUVそれぞれの特徴

ここからはハリアー、CX-5、フォレスター、エクストレイル、CR-Vのそれぞれの特徴を記載していきます。

トヨタハリアーの特徴

トヨタハリアーは言わずと知れた国産SUVの中でも知名度の非常に高い車種になります。

トヨタハリアーの特徴

・他のミドルクラスSUVと比較してリセールバリューが非常に高い。

・ミドルクラスSUVの中では一番高額ではあるがその分質感も非常に高い。

・パワートレインが唯一ガソリン、ターボ、ハイブリッドの3種類がある。

・ミドルクラスSUVでは高級感はトップクラス。

カーレンジャー

正直これまでの長い歴史もあり安心感はとても高いよね。

購入時には少し高額かなと感じるかもしれないけど、乗り換えの時にリセールが高いからなんやかんやで安上がりだったりするんだよね。

(実体験しております!!)

マツダCX-5の特徴

マツダCX-5は人気が非常に高く今のマツダがあるのもこのCX-5あってのものと言っても過言では無いほどの車になります。

マツダCX-5の特徴

・国産ミドルクラスSUV唯一のディーゼルエンジン仕様車がある。

・内外装共に癖の無いシンプルでありながら高級感のあるデザインが特徴的。

・価格も割と抑えられており人気が非常に高い。

・クリーンディーゼルは非常にパワフル。

カーレンジャー

最近のマツダ車はこのCX-5に限らず年次改良など非常に多く常に少しづつアップデートしていますね。

ただ、やはりマツダコネクトに関してはもう少し改良の余地があるのでは無いかと感じますなぁ。

日産エクストレイルの特徴

エクストレイルは旧型の角ばったデザインから少し丸みを帯びたいわゆる今風のデザインに変更されています。

エクストレイルの特徴

・このクラスで数少ない三列目シートの設定がある。

・どちらかというとアウトドア寄りの一台。

・機能性の高いオートクルーズコントロール「プロパイロット」設定車あり。

カーレンジャー

エクストレイルもだいぶ丸くなりましたよね。

前のモデルの角ばっていてそちらの方が好きという方も多かったように思います。

スバルフォレスターの特徴

スバルフォレスターに関しては少し前のモデルものと比較するとだいぶデザインも改良されており、内容も向上しています。

スバルフォレスターの特徴

・どちらかというとアウトドア派に向けた一台。

・高級志向というよりどちらかというと機能を重視している。

・内装は他の車種と比較してだいぶシンプル。

・他のミドルクラスSUVと比較しても走行性能は非常に高い。

・安全機能として評価の高い「アイサイト」を設定。

カーレンジャー

かなり昔近所でフォレスターに乗っていた方を見てなぜ購入したのか良さがわかりませんでした。

最近のフォレスターはだいぶ色気も出てきて街乗りもOK,アウトドアもOKとオールマイティに使えるのが一番特徴的な部分ですね。

CR-Vの特徴

CR-Vは国内での発売を長い間控えておりましたがミドルクラスSUVの需要が非常に高い為市場を無視出来なくなったといったところでしょうか。

CR-Vの特徴

・このクラスでは数少ない7人乗り三列目シートの設定車がある。

・このクラスで唯一1.5Lターボ社がある。

・グレードがガソリン、ハイブリッド各2つとラインナップ数が最小。

カーレンジャー

割と特徴の無いSUVと言われがちなCR-Vではありますが、7人乗り可能車があるというだけで大きな特徴と言えますよね。

国内復活車ということもあり今後の展開に期待しましょう。

国産ミドルクラスSUVに関するまとめ

さて少し長くなりましたが如何でしたでしょうか?

軽くまとめると

・最安のSUVが欲しい場合は「エクストレイル」

・国産車でも高級なSUVが欲しい場合「ハリアー」

・7人乗りのSUVが欲しい場合「エクストレイル・CR-V」

・燃料費を抑えたい場合「CX-5のディーゼル」

・上級グレードを安く購入したい場合「フォレスター」

を選ぶと良さそうです。

SUVは現在需要が非常に高いです。

そういうこともあり需要も大きくて値引きが難しい状況です。

欲しい人が多いので敢えて値引きして販売する必要は無いということですね。

ただ、それでも少しでも安く購入したいというのは皆さん同じだと思います。

そういった場合は自分の車を少しでも高く買ってもらうというのが今の手法となります。

内容としては買取業車とディーラーの下取りの価格を競合するというところになります。

まずはネットで簡単に査定をしてもらい自分の車が今どれ位の価格なのか確認してみてください。

これで自分の車を高く買い取ってもらえた方は非常に多いです。

まずは試してみてください。

 





-スバル フォレスター, トヨタ ハリアー, ホンダ CR-V, 日産 エクストレイル
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.