車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

トヨタ タンク/ルーミー

トヨタタンク、ルーミー安く買う!値引き相場・限界値引き・乗り出し価格シミュレーション/最新情報

投稿日:

いざタンク、ルーミーを購入しようと決めた時に気になるのが値引き金額です。

基本的にはカタログに記載されている金額で購入する方は殆どおりません。

そこで知っておきたいのはタンク、ルーミーの値引き相場がいくらなのか、限界値引きはどこまで引き出せるのか、さらにグレード毎の乗り出し価格ですね。

カーレンジャー

車は元々の値段が高額だから出来るだけやす〜く購入したいですねー。

値引きの相場を知っていれば担当の営業の方が提示してきた金額にまだ余裕があるのか無いのかがわかります。

そうすると「もう少し値引きしてもらえるのか」「もう限界なのか」が分かり納得して契約することにも繋がりますね。

タンク、ルーミーを安く買う!限界値引きと値引き相場は?

車の値引き金額は他とても金額が大きいですよね。

タイミングややり方が少し違うだけで5万円や10万円という単位で値引き額が変わります。

少しでも気持ちよく、そして安く購入する為にこちらで情報を収集していってください。

タンク、ルーミーの限界値引きと値引き相場

タンク、ルーミーを安く購入するには値引きを如何にしてもらえるのかが一つのポイントとなります。

まずは今現時点での値引き状況がどのようになっているのかを確認して見ましょう。

時期 タンク、ルーミー車両本体価格値引き相場
2017年11月〜2018年12月 20万円
時期 タンク、ルーミーの限界値引き
2017年11月〜2018年12月 25万円

*2017年3月一時的に値引きの限界が30万円という情報がありました。

やはり3月は販売台数を伸ばしたいという事もあり値引きも少し頑張って貰えるようです。

時期毎の値引き相場と限界値引きを一覧にしております。

2017年11月でタンク、ルーミーが発売されてから1年になります。

発売当初の車両本体値引きが7万円前後だった事を考えるとだいぶ緩んできたと言えます。

現状値引き相場は20万円程になっておりオプションを追加した場合は内容によりもう少し追加での値引きが期待できます。

商談の際には20万円を一つの目標としてお話を進めていくと良いでしょう。

タンク、ルーミー乗り出し価格シミュレーション!値引きで安くなったのか?

次にタンク、ルーミーのグレード毎のリアルな値引き額を知っておきたいと思います。

カーレンジャー

タンク、ルーミーを買うとなった時に実際にいくら掛かるのかな?

車を購入する時は車両本体価格とは別にオプション料金や税金や保険料などの諸費用も必要なんです。

グレードX"S"/Xの値引き相場と限界値引き

・タンク、ルーミーX"S"2WD+カラーオプション(32,400円) 1,560,600円

・税金・保険等諸費用 168,737円

・合計 1,729,337円

→値引き相場20万円を引くと 1,529,337円

→限界値引き25万円を引くと 1,479,337円

グレードG"S"/Gの値引き相場と限界値引き

・タンク、ルーミーG"S"2WD 1,684,800円

・税金・保険等諸費用 171,837円

・合計 1,856,637円

→値引き相場20万円を引くと 1,656,637円

→限界値引き25万円を引くと 1,606,637円

グレードG-Tの値引き相場と限界値引き

・タンク、ルーミーG-T2WD+カラーオプション(54,000円) 1,836,000円

・税金・保険等諸費用 174,237円

・合計 2,010,237円

→値引き相場20万円を引くと 1,810,237円

→限界値引き25万円を引くと 1,760,237円

グレードカスタムG"S"の値引き相場と限界値引き

・タンク、ルーミーカスタムG"S"+カラーオプション(54,000円) 2,019,600円

・税金・保険等諸費用 177,537円

・合計 2,197,137円

→値引き相場20万円を引くと 1,997,137円

→限界値引き25万円を引くと 1,947,137円

タンク、ルーミーを安く購入するための商談ポイント

ここまでは商談の末値引きを引き出せた場合のおおよその乗り出し価格までがある程度分かりました。

ここからはタンク、ルーミーを安く購入するためのポイントとなる部分を紐解いて行きます。

その中で必ず営業マンとの商談がありますが、この部分について見ていきましょう。

タンク、ルーミーの値引き商談初日

商談初日に行うのは以下の内容になります。

①試乗

とりあえず車に乗ってみない事には話は進みません。

営業マンの方も一番最初に訪問されて案内するのは「試乗をしますか?」という所になります。

既にタンク、ルーミーの購入が心の中で決まっていたとしても試乗を断るのはあまり良いイメージを与えませんので、商談初日には試乗の出来る時間を作って行きましょう。

②見積もり・下取り

試乗の後にディーラーまで車で行っていたとしたら現在乗っている車の下取り価格の調査をしてくれます。

これは営業マンの方が担当された方以外に空いていれば時間短縮も出来るので試乗の間にお願いすると良いでしょう。

また、試乗後には見積もり作成をしてくれるケースが殆どなのでその間に下取り価格を確認してもらい見積もりに反映してもらうとよりリアリティな購入金額が見えてきます。

③見積もり金額からの値引きを聞く

見積もりを貰い少し営業の方とお話しする時間が出来ると思いますので、この時にやんわりと値引き金額を確認してみてください。

「タンク(ルーミー)を購入するとしたら大体いくらくらい値引きしてもらえるんですか〜?」というような感じで大丈夫です。

④とりあえず帰宅する

上記3点確認後「とりあえず今日のところは引き上げます」と伝えましょう。

こうする事で次回訪問時の値引きのハードルを上げておくことができます。

勿論事前に連絡先は伝えておいてください。

初日から色々とテクニックを使って一筋縄ではいかないお客さんだと思ってもらえます。

ただし、ディーラー側も客商売の為こちらの印象は好印象を保ったまま実行して貰うとさらに効果的です。

商談初日のテクニック①は試乗している間に下取り価格を確認してもらうという所にあります。

これは車を購入し慣れているという事を印象つけられます。

初心者であればなんとなく利益優先の顧客として販売出来るかもしれませんが、相手が小慣れている場合はそうもいかないかもしれないと思わせる事が出来ます。

テクニックその②は見積もりに下取り価格を反映してもらうという所にあります。

これにより初日のタンク、ルーミーの購入金額はある程度確定します。

競合として使われているかもしれないと感じる場合もありますので、やんわり確認した値引き金額も少し多めに盛ってくれる可能性があります。

テクニックその③は今日は一先ず引き上げてしまうという事です。

基本的に「今日購入を決めていただければ〜」みたいなことを言う営業マンの方が居ると思いますが、大抵は後日購入の場合もその時言った値引きをせざるおえません。

であれば、こちら側はそんなに急いでいないという余裕と、次回はもっと値引きしなければならないというプレッシャーを与える事が出来るので一時退散というのは大いに得策になります。

タンク、ルーミーの値引き商談2日目

初日の訪問によりディーラー側には顧客リストとして訪問された方の情報が保管されます。

営業マンの方がこれを管理しており、自分の数字と睨めっこして売らなければならないのに売れていない時や訪問から数日という期間で連絡がきたりします。

ここで2日目の訪問ですが、車検やその他の理由で車の購入を急いでいない限りは営業マンの方からの連絡を待ってみてください。

これがテクニック④になり、どうしても車を売らなければならない時に連絡を貰える可能性があるという事です。

車を売らなければあらない、つまり数字を出さなければならないタイミングであればある程度無理をした値引きを引き出す事が出来る可能性を秘めています。

この辺りを踏まえて訪問2日目のタンク、ルーミーの商談でやらなければならないことは以下となります。

①競合車と悩んでいる事を伝える

営業マンの方から連絡が来るまでの間に他のディーラーでも見積もりを取っており、タンク(ルーミー)とその競合車どちらにしようか迷っているという事を伝えましょう。

これもやんわり伝える程度で大丈夫です。

②仮に購入する場合という事でグレードやオプションについて話す

競合の車と迷いながらもグレードやオプションに関する話を熱心に確認してみましょう。

営業マンの方もこういった具体的な話になるのであれば「買ってくれるかもしれない」と考えるはずなので内容としては非常に好意的なお話になります。

③で、いくら値引きしてくれる?

2日目の商談である程度の方は決めることの出来る方が多いと思います。

ここまでの内容であれば初日の値引き金額より上乗せしてもらえている事はほぼ間違いないでしょう。

さらに競合車があるという点やから車の購入意欲があるという事が明確になっており、さらに1台売りたいタイミングとなれば値引き相場程度までは引き出す事は容易でしょう。

あとはその値引き金額に納得できるのかどうかですが、ある程度納得したのであれば最後の一押しで2〜5万円と端数切りのお願いをしてみるのも良いと思います。

インターネットがある以上値引き金額というのは売る側も買う側もある程度把握しているというのが現状です。

その辺りを踏まえて値引き相場まではそこまで難航せずに引き出せるのではないかと思います。

ただ、油断しているとまるで値引きをしてもらえないケースも出てきます。

ここまで記載した4つのテクニックを使ってスムーズに契約までこちらのペースで進めていきましょう。

タンク、ルーミーの商談が先に進まない場合

中にはなかなか商談が先に進まない場合もあります。

この中でも一番達が悪いのが営業マンが頑なに値引きをしないケースになります。

こんな時にはディーラーを変えてみるというのも一つの方法になります。

トヨタであればタンク、ルーミーの販売代理店が周辺に何店舗かあると思いますのでそちらを探してみてください。

営業マンの方とのおつきあいは車を乗っている間ずっと続きますので、気持ちよく商談出来る相手をこちらが選ぶのがベストと言えます。

家から一番近いディーラーという事で「納得いかない商談」で「納得いかない金額」で車を購入するというのはあまりお勧めできません。

多少の距離であれば出向いてみるのも良いでしょう。

また、最悪の場合フロントマスクのデザインが多少異なりますがタンクではなくルーミーの商談をする事やルーミーではなくタンクの購入を検討するという方法もあります。

商談に行き詰まった場合はこんな方法をとってみてください。

タンク、ルーミーをさらに安く買うには?

ここまでは主にタンク、ルーミーの値引きに関する情報をお伝えしてきました。

ここからは値引き以外にもう少し安くならないのか?という事について更にお伝えしていきます。

カーレンジャー

タンク、ルーミーの値引きは20万円〜25万円程ですね。

この金額よりも更に安くなるのであれば支払いが楽になりますよねー。

これについてはほんの少しの事前準備が出来ていれば簡単な事です。

現在乗っている愛車の下取り価格を引き上げてもらうというもので、上手くいけば車両本体価格の値引きよりも大きな金額になる可能性があります。

ただ下取り価格を上げてもらいたいと営業マンの方に伝えても中々簡単には行きませんが、引き上げてもらう根拠があれば話は別になります。

下取りに対する競合があればその価格に合わせて貰える可能性があるんです。

例えばディーラーへの訪問初日に見積もりに記載された下取り価格と買取業車から提示された買取価格を比較したり、ネットで確認出来た買取相場と比較してみたりするとそこに多少なり差があるケースがあります。

この差額をなんとかしてもらえないかという交渉をする訳ですね。

個人的な例になりますが私が車を購入しようとした時に同様の状況になり、興味があった事もあり下取りと買取の価格を比較してみた事があります。

車種は2013年モデルのハリアーです。

・ディーラーの下取り価格・・・190万円

・地元買取業車Aの買取価格・・・230万円

・ネット査定での全国店舗型業者の買取価格・・・270万円

見ていただくと一目瞭然ですが、この例はあまりにも金額が掛け離れてしまっていたのでディーラーの営業マンにお話しを聞いてみました。

某ディーラー営業マンのお話

あまりお話したくない事ですが、需要のある車種の場合買取業者の方がかなり金額が高い場合があります。

特にディーラーの場合は車を売ってナンボ、買取業車は買い取って売らないと利益になりません。

そこの差もある為この場合恐らく買取業車で出してもらうしかない。

基本的には買取価格の方が下取り価格よりも高くなるケースが多いとも教えてもらえました。

私のような例は非常に希なケースかもしれません。

何せ差額が80万円もありますので。

仮にここまではいかないにしても30万円前後の差であればよくあるケースとのことです。

カーレンジャー

30万円と言えば一般的なサラリーマンの一ヶ月分の給料になるな。

敢えて安い方に出す理由も無いし高い方に買取をしてもらうか、金額を確認してディーラーが合わせてくれるか

確認してみるのも一つの策だね。

今回のタンク、ルーミーで言うと本当に値引き金額を超える場合もありますねー。

で、その事前準備とは?

事前準備は簡単で、まずは自分の車の相場の確認を確認すること。
確認はネットで簡単に出来ます。

これはネットさえ出来ればパソコンでもスマートフォンでも大丈夫です。

その相場と一度めに行った時に確認出来る下取り価格を確認してどれ位金額が離れているのかを確認して交渉をスタートするという流れですね。

ネット査定は最近では当たり前のように使われているので誰にでも簡単に早く出来るシステムが構築されています。

とりあえず試しに相場の確認をしてみてください。

ここまでの事を実行していただければ大抵は底値に近い価格で購入する事が出来るはずです。

難しいことは一切ありませんので一度お試しください。





-トヨタ タンク/ルーミー
-,

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.