車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

トヨタ タンク/ルーミー

トヨタタンクとルーミーの競合車比較!価格も燃費も同じ感じの3車種を徹底調査

更新日:

トヨタのコンパクトカータンクとルーミーはスライドドアの付いたコンパクトカーで子育て世代に打って付けの車種になります。

最近では軽自動車も中が広く使い勝手も向上していますが、それでもどうしてもサイズが足らなかったり、車の剛性が気になって普通車を選びたいという方には丁度いい車ですね。

そんなタンク、ルーミーにも競合車があります。

基本的に競合車は「価格帯が同じ」だったり「同じ特徴を持っている」車になりますが、タンクとルーミーの競合車としてはそこまで沢山の車種がある訳では無いのでどの車種が自分に適切なのかを比較的選び易いと言えます。

カーレンジャー

中には競合車がありすぎて選ぶのに凄く時間が掛かる車もあるよねー。

でもタンク、ルーミーならそこまで悩まなくて済みそうだ!

タンク、ルーミーの競合車は?比較検討の材料を分かりやすく教えます!

タンクとルーミーの特徴はズバリ「ハイトワゴン+スライドドア」ですね。

この部分を中心に考えると競合車は多く無いんです。

タンクとルーミーの競合車種は?本命はスズキソリオ

①最大のライバル車はスズキソリオ

スズキソリオはタンクやルーミーと比較しても「スライドドア」の部分や「車のサイズ」が一番近い車種になります。

まさにタンク、ルーミーにとってはライバル車と言える車です。

②ダイハツトールとOEM車のジャスティ

そもそもタンク、ルーミーはダイハツトールをベースとするのOEM車になります。

基本的にOEM車に関しては内容がほぼ同じになりますので、競合車として挙げられると価格面の競争になり売り手としては非常にやりづらい所になります。

そういう意味ではタンクとルーミーを双方の競合車、大元であるダイハツトール、スバルジャスティも競合車になってきます。

③軽自動車ハイトワゴン全般

最近の軽自動車は割と広いスペースを確保しており、かなり開発にも力が入っています。

もちろん自動スライドドアのハイトワゴンは何車種もあります。

・例えばN-BOX、タント、スペーシア、デイズルークス等

それでもタンクやルーミーには軽自動車にはない普通車という広い空間と、排気量がありますのでどちらが合っているのかを検討してみるのも良いかもしれませんね。

カーレンジャー

ん〜、同じような車って沢山あるけどこの数なら優柔不断な俺でも決められそうだ!

でも競合車ってどのあたりに違いがあるのかな?

その辺りが知りたいんですけど・・・。

小悪魔センパイ

上にも書いてあるけどOEM車は出しているメーカーが違っているだけでマークの違いが一番大きいな!

軽自動車との差は広さ、排気量が一番大きい。

さらに事故なんかの時の剛性なんかも検討材料にしてもいいかもね。

ついでに幅の部分で広い車を選ぶのであればタンク、ルーミーですが最近の軽自動車は縦の幅は同等かそれ以上ですよ。

タンク、ルーミーの競合車比較!燃費や価格なんかに注目?それとも見た目重視?

という事でタンク、ルーミーの競合車の比較に関する部分を詳細に見ていきます。

車を選ぶ時には営業マンの印象やこれまでのお付き合いなんかを省いた場合「価格」「燃費」「インテリアやエクステリアの見た目」なんかに注目されるのでは無いでしょうか?

ここではそういった部分を中心に確認していきます。

今回はタンク、ルーミーとスズキソリオ、軽自動車ハイトワゴンから代表のN-BOXで比較をしていきます。

車種名 価格帯 燃費(JC08モード)
タンク・ルーミー 1,463,400円〜2,008,800円 21,8km/L〜24,6km/L
ソリオ 1,454,760円〜2,122,200円 22,0km/L〜32,0km/L
N-BOX・N-BOX Custom 1,385,640円〜2,080,080円 23,0km/L〜27,0km/L

価格帯と燃費を一覧にしてみましたが、驚くのは価格帯です。

軽自動車のN-BOXと普通車のタンク、ルーミー、ソリオが殆ど同じ価格帯になっているという所。

昨今軽自動車の開発とそれに伴う進化は確かに凄いとは思いますが、普通車と同額というのはこういった比較をしてみないと分からないものですね。

カーレンジャー

サイズや車の剛性を考えるだけなら普通車のタンク、ルーミー、ソリオがいい。

でもランニングコストを考えると税金なんかが安いN-BOXの方が多少有利なのかなぁ。

燃費に関してはカタログ上ソリオハイブリッドが少し抜けてますが実燃費を調べてみるとそこまで大きな差ではなかったりします。

タンク・ルーミーはおおよそ12km/L〜14km/L程度。

ソリオは12km/L〜15km/L、NBOXは12km/L〜18km/L辺りが相場のようです。

左(上)からルーミー、ソリオ、N-BOXの順に並んでいます。

数字的な所に大きな差が無い場合次はエクステリアの比較をする方も多いですよね。

カーレンジャー

個人的には見た目が一番。

それ以外は二の次だね!

今回比較した3車種は特にライト部分に大きな差があるのと、やはりN-BOXだけはほっそり縦長な感じがします。

正面から見た時のバランスを見るとやはり普通車の方が縦横の比率が良く、横風が吹いてもフラつかなそうなイメージを持ちやすいと感じます。

かっこいい悪いは個々の好みで大きく分かれる部分かと思いますのでじっくり見比べてみてくださいね。

こちらはコックピットの内装部分になります。

エクステリアと同様に左(上)からルーミー、ソリオ、N-BOXの順になります。

ソリオだけが中央メーターを採用しておりますが、個人的にはメーター類は運転席の目の前にある方が使い勝手が良いと感じます。

また軽自動車代表のN-BOXも内装に関しては普通車のルーミーやソリオに負けていない作りと感じます。

質感という意味ではほぼ同等で、やはり個人の好みによる所が大きいのではないでしょうか。

カーレンジャー

この3車種だと全体的に悩ましい所だなぁ。

これだけ内容が似通っているとメーカーの好みという所も考えないとね。

タンク、ルーミーとN-BOXの差はランニングコスト

ここまで見てきて燃費も本体価格も同等であることが分かりました。

デザインに関しては好みですよね。

大きく違う部分としてタンクは普通車、N-BOXは軽自動車というのが決定的に異なるのが分かります。

こうなると税金などのランニングコストに差が出てきますよね。

最後にこの部分を確認しておきましょう。

軽自動車のN-BOXは税金は10,800円、タンク、ルーミーは29,500円となりますのでここでおおよそ20,000円の差になります。

一方重量税を見てみるとN-BOXが2,500円、タンク、ルーミーは7,500円になりますのでその差は5,000円です。

トータルするとおおよそ25,000円の差となり月々でランニングコストが2,000円くらい違います。

ここをどう見るかになりますね。

カーレンジャー

月々のランニングコストと考えるとそこまで大きく無いのかもしれませんね。

これくらいの差であれば好みの方を選ぶのが賢明な判断と言えそうです。

タンクとルーミーの競合車まとめ

価格、燃費、インテリア、エクステリアと比較してみましたが最終的にはどれも大きく違いが無いということが分かりました。

この3車種を比較した場合には全てを比較して少しずつ好みの合う車を選ぶのがベストで、さらに営業マンとの相性や自宅からディーラーまでの距離なんかも加味しても良さそうですね。

車選びとしては少し難しいかもしれませんが、ぜひこちらの内容を参考にしてみてください。





-トヨタ タンク/ルーミー
-,

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved.