車に関する総合情報ブログ

クルマカウ

スバル XV

スバルXVの乗り出し価格は?値引き交渉が苦手でもAdvanceを出来る限り安く買う

更新日:

スバルのコンパクトSUVである「XV」の乗り出し価格と値引き情報、さらに安く買う為の方法についてお伝えいたします。

車を購入する際に一番気になるのはやはりいくらかかるのか?という部分です。

更に乗り出し価格からどれ位値引きを引き出せるのかという所も重要ですよね。

こちらの記事でその辺りの内容をクリアにしてXVの購入で損をしないようにしましょう。

XVの乗り出し価格はいくら?値引き商談が苦手でも安く買う!

まずはXVの値引き情報から確認していきます。

基本的にはここで得られる平均値引きから限界値引き辺りを目指して商談をしていきましょう!

商談が苦手であってもある程度情報を収集していれば商談をスムーズにすることが出来ます。

という事で値引きの為に必要な情報を見ていきましょう。

XVの平均値引き金額、限界値引き金額はいくらなの?

*2018年のXVの値引き金額は平均値で15万円から20万円、限界値引きは25万円程となっております。

*2019年に入りXVの値引き平均金額は17万円から23万円となっており、原価値引きは27万円程となっております。

この事から目標としてXVの値引き商談は20万円から25万円を車両本体から値引きしてもらえるように交渉するようにしましょう。

オプションの値引きに関しては内容次第ですが10%〜20%前後を割引してもらえるように交渉していきましょう。

また、XVの値引きに関してはそこまで難易度は高くありません。

商談が苦手だという方でもこの目標の値引きは難しいということもありませんのでこの先の内容を読んで頂き是非商談を成功させて下さい。

XVの値引き商談で失敗しない為に知っておきたい知識

目標の値引き金額が分かったところでどのようにしてその値引きを引き出すのかについて知識を得ておきたいと思います。

何の知識も無く商談をするのではなく一定の情報を得てから商談を進めた方が有利になります。

例えば値引き金額について言えばここで平均値引きや限界値引きの情報を得なかった場合5万円や10万円の値引きで満足してたかもしれません。

どこかのタイミングで後から値引き金額がここまで引き出せるなんていう情報を得たら少しショックですよね。

ということで商談に失敗しない為の情報を少しでも多く得て行って頂ければと思います。

XVの値引き商談で失敗しないためのポイント①競合車は必ず一台は検討しておく

在り来たりな内容になりますが競合車は少なくとも一台は検討しておきましょう。

その理由としてXVを購入するという事をディーラーの営業マンに伝えた場合に頑張って値引きをしてもらえる可能性が減ってしまうからです。

営業マンとしては「買うならXV」という事であればそこまで値引きをしなくてもXVを狙っているならそこまで頑張らなくて良いという考えになってしまう可能性があります。

最初から値引きの可能性を自ら潰してしまうのは非常に勿体無いですよね。

なので「XVとヴェゼル」で検討しているなど具体的な内容を話せるような状況だけ作っておきたい所になります。

XVの値引き商談で失敗しないためのポイント②ディーラーはしっかり選ぶ、多少遠くても違う店舗へ行ってみる

次にディーラーに関する内容となります。

商談をするディーラーが周囲車で走れる範囲に一箇所しかないという場合を除いて最低でも2箇所程はスバルディーラーを覗いてみましょう。

各ディーラーで対応内容が違ったり値引きに関する考え方が違ったりしますのでこれに関しても必須になります。

また、ディーラーの営業マンに関してですが、これは正直運によるものが非常に強いと言えます。

たまたま良い営業マンに当たれば良いのですが、最初に訪問した営業マンの対応が悪かったり自分と合わないと感じた場合に関しては迷わず他のディーラーにも足を運ぶべきです。

車は商談が終わればそこで終わりではなく、そこからのお付き合いというのが非常に長くなりますのでしっかりと相手を選ぶというのも必要になってきます。

XVの値引き商談で失敗しないためのポイント③冷やかしだと思われない初回訪問の内容

ディーラーの営業マンも暇ではありません。

割と訪問してみると閑散としていることもありますが、ディーラーでは新車を売るだけでなくその後のアフターフォロー等で忙しくしているケースも多々あります。

ということで初回訪問時にしっかりと「顧客」だと思わせるような振る舞いをする必要があります。

その必須内容が、試乗・下取り・見積もり・商談の4点を初回訪問時に必ずする事です。

詳しく見ていきましょう。

XVを試乗する

これは仮に2箇所のディーラーへ行ったとしても必ずやっておきたい所になります。

仮にどうしても試乗を断りたい場合には「友人がXVに乗っており運転させてもらって気に入ったので商談に来た」というようなニュアンスの事を伝えて試乗をせずに商談を開始するという事も出来ます。

ただ、試乗をする事でディーラーの営業マンの考え方や人間性などを見ることも出来るので試乗して運転する事だけが目的ではないという所だけは知っておいた方が良い部分かと思います。

ここで得られる情報は非常に多いのでどうしても時間が無いという場合を除いて試乗してみる事をお勧めいたします。

自分の車の下取り価格を確認してもらう

これは試乗している間に簡単に済ませることができますのでお願いするようにしましょう。

後々自分の車がネックでXVを安く購入出来るか否か大きく左右される所になります。

当日中におおよその下取り価格がわかりますので自分の予算ともにらめっこしやすくなります。

見積もりを貰い現時点の値引き金額を教えてもらう

試乗が終わったら少し話をして見積もりを貰うようにしましょう。

この見積もりを出して貰う際にはオプションは基本的に不要、今後検討する等というと良いですね。

この理由としては時々オプションてんこ盛りで見積もりを出す営業マンがおります。

驚くような金額で出してくるのですが、不要なオプションを削ると何と無く安くなったように見えるというカラクリがあります。

こういった見積もりを出してくる営業マンはあまり値引きをしたく無いという傾向にありますので注意しておきたい所です。

初回訪問時に契約を決めない方がいい

これも営業マンの常套手段になりますが「本日契約してもらえるのであれば〜万円の値引きをする事が出来ます」というような攻めの営業をかけてくる方が中にはおります。

このケースは多くの場合商談を長引かせる事を防ぐ為の方法となりますが、大概ここで出される値引き金額というのはいつでも出せる値引き額である可能性が非常に高いのです。

この方法を取られた場合は「今日は競合車の一台を見に来たので現時点で即決は難しい」「こちらの目標金額を言ってみる」「本当に今日以外だとこの値引きは出せないのですか?」など状況にあった方法で返して見ましょう。

個人的にはこの中の方法を何度か使い、初日にして目標金額を引き出したことがあります。

時々本当にこのタイミングでしか出せない値引き金額を提示してくる営業マンもおりますが、これは時期的には月末など。

また決算月の半ば以降に商談を始めた場合には初回訪問から全力投球してくる営業マンもおりますので金額と時期を見てここだと

思った場合に関しては初回訪問時で契約というのも一つの方法となります。

XVの値引き商談で失敗しないためのポイント④商談は基本的に諦めない限り失敗しない

車検など時間に追われていない限りは商談は最終的に常識の範囲の値引き金額で失敗する可能性は非常に低いです。

今乗っている車が壊れてどうしてもすぐに必要だという場合などではディーラー側も急いでいるという状況をある程度把握しますので、なんとか値引きを抑えて契約に持ち込もうとします。

逆に時間さえあれば最悪モデルチェンジやマイナーチェンジ前の在庫車などでは自分が考えていた以上の値引きを引き出す事が可能となるケースも多々あります。

商談に失敗しない方法としてはとにかくいくつかのディーラーへしっかりまわり、競合車を検討して焦らずに商談する事にあります。

この事を前提に是非商談を進めて行ってください。

XVの乗り出し価格はいくらなの?最終的な支払い金額が知りたい

値引き商談についてはある程度見ていただけたのではないかと思います。

次にそもそもXVて乗り出し価格はいくらなのかというお話しになります。

いくつか注目のグレードに絞ってに見てみましょう。

XV 1.6i EyeSight乗り出し価格

まずはベースグレードの価格になります。

こちらの価格はXVでは一番安い金額となります。

オプション費用やカラーによる追加金額も無しなので本当のベースグレードの乗り出し価格となります。

車両本体価格:2,138,400円

保険、その他諸費用:193,520円

リサイクル費用:12,160円

合計:2,331,920円

XV 1.6i-L EyeSightの乗り出し価格

車両本体価格:2,424,600円

保険、その他諸費用:200,720円

リサイクル費用:12,160円

合計2,625,320円

XV Advanceの乗り出し価格

車両本体価格:2,829,600円

保険、その他諸費用:160,620円

リサイクル費用:12,160円

合計:2,990,220円

カーレンジャー

全てオプション品はなし、カラーの追加も無しという事で合計金額を出しました。

必要に応じてオプションを追加して大体いくら位になるのかをみていただきたいと思います。

XVをさらに安く購入する為に一番役に立ったのはコレ!

ということで値引きの方はある程度なんとかなりそうです。

それでもまださらにもう一声欲しいというのが正直な所。

車両本体は安くても200万円近くになりますので、ここからローンなんかを考えると安いにこしたことはありません。

ではどうしたら良いのか?

ここで残されているのは今所有している車をどういう形で手放すかという所になります。

ただディーラーで言われた金額で下取りをしてもらうというと、ある意味ディーラーの言い値になってしまいますがそれは本当に適正な金額なのでしょうか?

実際の所何も調べなければ適正かどうかが分からないという状況の方は非常に多いと思います。

しかし調べてみるとディーラーの下取り価格として提示された金額というのは非常に安いケースが多いのです。

場合によっては相場よりも30万円以上安く買い叩かれたりする場合もあります。

この30万円という金額大きいと思いませんか?

なんだかんだでまずは自分の愛車の価格がいくらになるのかを知って、ディーラーの下取り価格と比較する必要があります。

単純に自分の車の価格を知るのに一番役に立ったのは結局コレでした。

カーレンジャー

自分の車の買取価格を知っておくと予算が算出しやすくなりますよね。

もしかすると自分が想像しているよりも遥かに高い金額が提示される可能性もあります。

私個人の経験として下取り価格と買取価格で50万円差が出た事があるので買取をしたという経験があり、皆さんにも損をしてもらいたく無いと思いましたので簡単な査定だけでもやっておいていただきたいと思います。

少なくとも損することはありませんよ。

スポンサーリンク

-スバル XV
-

Copyright© クルマカウ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.